×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

業界や職種による転職の志望動機の例

業界や職種による転職の志望動機の例

転職の志望動機の例・書き方

いろんな業界や職種の転職時の志望動機の例や書き方をご紹介します。


現場監督の仕事は施工監理。

現場の全てをコントロールする仕事です。
その内容は、大まかに言えば「安全管理」「品質管理」「工程管理」「予算管理」の4つです。
一口に現場管理と言っても、建設業の中で細分化されているので、建築・土木・電気工事・管工事・造園などジャンルが分かれています。
一般的には、自分の経験したことがあるジャンルで転職をするのが普通です。
ところが最近は、現場監督不足もあり未経験の人でも積極的に採用している傾向があります。
求人の中にも、未経験者でも大丈夫と記載されているところも多く、やる気があれば現場監督として仕事ができる状況なのです。

 

志望動機でアピールするすることは以下の点です。
建築業界は、多くの人とチームで仕事をすることが多く、コミュニケーション能力が必要な仕事でもあるので、未経験ながら他の業界でそんなスキルを積んでいる人はチャレンジしてみる価値がありそうです。

 

志望動機は結論をまず伝える

まず結論を言います。
結論とは、なぜ現場監督を志したか、なぜ前の企業を辞めてその会社を志望したかというところです。
その後にその補足説明を行うことで、面接担当者により強く印象付けることが出来ます。
また、ネガティブな志望動機はマイナスイメージを与えてしまうので、ネガチィブなことを解決するために転職したいという言葉に変えましょう。
仕事がきつくて休みもほとんど無いから転職を考えたではなく、しっかりと休日を取得し有意義な仕事をしたいとか、休日には資格取得のための勉強をしたいとか、そういった前向きな志望動機は有効です。

 

体力面で自信がある

多くの現場監督は、毎日工事現場を巡回したり書類を作成したり工程管理をしたりと多忙です。
多忙な業務をこなすための体力面をしっかりアピールすることが大事です。
休日にはスポーツをして、体力維持に努めているなど、自分の健康度をアピールすることも大事です。

 

人をまとめる能力をアピール

多くの職人さんをまとめる現場監督の仕事は、コミュニケーション能力が不可欠です。
これまで培ってきた経験やスキルをアピールしましょう。
現場監督初心者として転職をするなら、異業種での人とのコミュニケーション経験を述べましょう。
面接では、当然あなたの人間性を重視して確認を行います。
元気に挨拶することから、受け答えもしっかりしましょう。
一般定なマナーも大事なので、社会人としての良識も確認事項となるので気をつけましょう。

 

現場監督の展望

現在は、現場監督は人手不足の傾向です。
そのため多くの企業が新規採用や中途採用を積極的に行っています。
より転職しやすい環境なので、あせらずベストな転職をしましょう。
未経験者も積極的に採用しているので、はじめて建設業を目指すひとには良い時期となっています。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

現場監督というと、長時間労働で休みもほとんど無く例え休みがあっても書類作成などに追われる。
まさに絵にかいたようなきつい仕事です。
特に新築工事の大きな建物を担当している人は、体力の限界まで削られています。
年収ももちろんそれなりにいただけるとこも多いのですが、満足のいく個人的な生活が出来ている人はまれなのではないでしょうか?

 

多くの人がものづくりというものに憧れて業界に入社するも、体力が持たずに体を壊してしまう人も多いと聞きます。
夢破れてしまうようです。
もちろん所属する企業の体質にもよりしますが、現場では縦割り社会なので先輩が残業している限りかえることができなかったり、勤務時間外であれ仕事を頼まれることも普通です。

 

大規模修繕工事の監督

大規模修繕工事の監督は、実は体力的に新築の監督より体力的に負担が少ないと言われています。
仕事は、現在ある建物の修繕で、居住者が住んでいるところで仕事をするので、はなはだしい残業はありません。
基本的に職人が帰れば、翌日の段取りをすれば自分も帰ることが出来るのが普通です。
仕事は基本的には、作業員の管理。
工程を確認しながら現場巡回を一日数回行い、日々の書類作成や整理が一般的です。

 

現場監督以外の仕事がある

大規模修繕工事は、マンションの管理組合が発注者のため、常に住んでいる人のことを考えながら工事を進めます。
このあたりが新築あがりの監督にはなれないところのようです。
自分で当たり前だと思っていることも、一般的な人には通用しないこともあります。
毎日顔を合わす居住者とのコミュニケーションもなれない人には大変みたいです。
苦情処理掛りのような仕事も含まれます。
ある意味サービス業に近い仕事ではあります。

 

大規模修繕工事の現場監督の適性

工事自体は、専門業者がいて工程表だけを渡しておけばだいたいスムーズに進みます。
居住者や職人さんとのコミュニケーションが取れる人に向いている仕事です。
資格も建築士や施工管理技士の資格が、担当する工事の規模により必要な場合もありますが、下請けとして担当する場合は無くてもできます。

 

大規模修繕工事の展望

マンションは定期的な修繕が必要です。
日本中にあるマンションが、10年ほどのサイクルで修繕を行います。
決して仕事はなくなりません。
また、画期的な修繕方法が今後開発されようと、やるのはもちろん工事業者です。
将来性のある仕事とだと思われます。

 

もし、今新築工事の現場監督で、転職を考えているなら大規模修繕工事を検討してください。
業界的にも、これからさらに伸びる分野です。
現在は、新築工事の現場監督に比べるといささか年収は低いです。
但し今後改善される余地はあります。
でも、無駄な残業もほとんどありませんし、自分次第でコントロールできることがほとんどです。
新築工事からきた人は、天国だといっていますよ。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

現場監督で転職する際に必要なのは、経験と知識です。
転職の志望動機でも、この知識と経験をしっかりアピールすることが大事です。

 

熱意がとにかく大事

自分の知識や経験をアピールするといっても、現場監督という仕事のジャンルは多岐に渡り、建築であったり土木であったり設備であったいと様々な業界があります。
自分がこれまでやってきた業界であればそのまま述べるのは簡単です。
でも、業界内での異業種の現場監督であれば、その方面の知識はあまりありません。
でも、大事なのは、その分野で働きたいという意欲です。
熱意を持ってその仕事にチャレンジしたい。
自分にはその仕事をやり遂げる気持ちが強い。
そんなところをアピールすれば、意外と採用されるようです。

 

また、未経験でも現場で経験を積んで資格も並行して取る気持ちがあれば大丈夫。
要はやる気を前面に出すこと。
土建屋さんというところは、気持ちが大事なのです。
あなたの熱意に共感を受ければ採用されます。

 

協調性が大事

多くの職人さんや、様々な企業との打合せを行う現場監督には、人との協調性が必要です。
コミュニケーション能力が問われる仕事であります。
仕事内容によっては一般の人とのコミュニケーション能力も必要なことがあります。
仕事の知識は、仕事をしながら身につきますが、最初から必要なのはこの協調性です。

 

熱意だけで採用されることもある

建築業界は、現在人手不足です。
なにも経験者だけが採用されるわけではありません。
そのため未経験者でも、入社してもらってから育てていくという風潮が最近は高まっています。
未経験でも熱意がある人、経験でもその業界で働いたことがない人でも、積極的に採用されています。
恐れることはありません。
本当に現場監督をやりたいなら、その気持ちをそのまま伝えることが大事なのです。
意欲をアピールしましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

そもそも体力があり、粘り強く仕事ができ、コミュニケーション能力も高い現場監督。
でも、異業種への転職は可能でしょうか?

 

営業職へ転職

コツコツ仕事ができる現場監督は、営業職に向いています。
人とのコミュニケーション能力も高いので営業職としての適性ば抜群です。
どんな業界の営業職になるにしても、ある程度の適正は持って居るはず。
もし営業職へ転職したいと思っているならお勧めです。
とくに成果給の営業職は大変な業務ではありますが、苦労が給与に跳ね返ってくるところは魅力ですね。

 

自営業

自営業へ転職する人も多いですね。
趣味を本業に。
飲食店を経営したり、ペンションを経営したり。
建築業の合間にやっていたことを、本職にする人も多いようです。

 

自営業といえば,パソコンスキルを利用した仕事を始める人もいますね。
インターネットを使った物品の販売などで生計を立てることまではいかないけど、ある程度の稼ぎを出している人もいます。

 

建築業の現場監督から、異業種へ転職する際、監督という仕事を全く捨て去るのは実は得策ではないようです。
自分がやってきた経験やスキルは一生物です。
できれば会社は変わっても建築業界にいることは意味があることなのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

現場監督の仕事

現場監督という仕事は、建設工事を現場で全てコントロールする仕事です。
責任も重く、重労働。
体力的にもハードで、休日も少なく、客観的に見ればなぜこんな仕事をしているのか、やっている本人も不思議になる仕事です。

 

でも、町に自分が作ったものがそこに存在するというステータスは何物にもかえられません。
終わったときに全ての苦労が報われる。
そんな仕事なのです。
そしてそれらは、全て自分が独り占めできます。
だから辞められないともいえるのです。

 

一つの現場が終わればすぐに次の現場。
追い立てられるように次々と工事をこなしていく。
気が付くとぼろぼろになってしまったようにかんじることもあります。

 

次も現場監督に転職する?

多くの現場監督は、このままずっとこんな状態が続くなら、もっと待遇のよいところに転職したいと思っています。
この職業の中でいったい何が良いのか常に調査しています。
現状に満足している人は、結構少ない。
でも、環境を変えるのが怖くて、仕事に没頭することで逃げている人も多いのです。

 

では、このスキルを活かしてどこに転職するのか?
それは現場監督という仕事の中で、業界を変えることぐらいしかできません。
建築だったら、土木はどうか、設備はどうか、改修工事はどうかなど、自分なりに調べ検討を行うのです。
結果、どこもあまり変らないなあという結論に達します。
給与に不満があって転職を志しても、その増える給与を得るためには今よりハードな仕事をやらなければならないかも。
休日が無い、残業が多すぎると感じて、今より休みの多い会社に転職しても、給与が少ない。

 

もしかしたら、今よりさらに給与が少なくて休日も無く残業の多い会社に転職してしまうかもしれない。
実はこういった転職をしてしまい公開する人が多いのです。
慎重に転職を検討している間に、忙しさに負けてとりあえず現状維持となるのです。

 

現場監督を捨てる
現場監督うぃ捨てる。
現場監督というスキルは、客観的に見れば以下のスキルがあります。
工事に関する知識
人を動かすスキル
コミュニケーション能力
書類作成能力
交渉力
忍耐強さ
リーダーシップ

 

これらのスキルを活かす仕事を探しましょう。
年齢にもよりますが、ひとたび独り立ちした現場監督には、実は社会に出ても立派に通用するスキルを持っています。
これらのスキルを総合的に利用することで新たなステージが用意されています。
何も建築業界にこだわることはないのです。
自分の能力をいかに利用するか。
これからの現場監督の異業種転職に活路が見えるのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

どこかで聞いたことですが、出来る仕事と好きな仕事は違う。
好きな仕事が出来る人は幸せだ。
ほとんどの人は、出来るけど好きではない仕事をしている。

 

これを聞いたとき、なるほどと思いました。
まさにその通り。
人は、自分の仕事が好きだからという理由ではなく、できるからやっているという人が多いということ。
まさに自分もそうです。
出来る=やる仕事 と思っていました。

 

好きなことを仕事にする。

これは一部の人に与えられた特権だと思っていました。
好きな事を仕事にすれば良いのです。
問題は、好きな事だけで生活を守れるかというところですね。

 

本題

現場監督が本当に自分に合っているかというと、実際は疑問を感じている人は多いのではないでしょうか。
慣れという物は怖い物です。
度重なるストレス、体力的な消耗。
これらが,慢性的なため、仕事とはこういう物と常につきあって行かなければならないと、自分自身を納得させていませんか?
なんとなく流されて、会社が取ってくる現場をこなすだけ。
これで本当に良いのかなと、冷静になって始めて現場と自宅の往復しかしていない自分に気づきます。
休みは酒を飲んで終わり。

 

もっとわくわくしながら生きていきたい。
10代の自分はこんな将来を予想していたのか?
ときどき自分に語りかけてみるのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

たとえば、ちょっとインターネットで転職情報を検索する。
軽い気持ちで、転職エージェントに登録する。

 

それだけで、恐ろしいくらいの現場監督の転職の情報がおそってきます
現実に、現場監督は人手不足のようなんです。
現場はあるけど、それを管理する監督が居ない。
募集しても満足な応募もない。
意外と求人が多いからといって、すぐに転職するようなことはないようです。
人材はあまり流出しません。
だれでもが出来る仕事ではないし、その会社でも当然確たる地位もある。
それにこの建築業界で、転職してもあまり良い結果になったなどと言うことが少ないのも事実。
良い噂は、あまり伝わらないのに、悪い噂はすぐ伝わる。
閉鎖的な業界です。

 

建築業界全体の待遇改善は、まだまだこれからという時期です。
みんな転職には慎重です。
週休2日と求人情報に書いていても、だれもそれを信じていません。

 

ただ、現在の求人情報を見ていると、かなり変わってきたように感じます。
待遇改善、福利厚生も改善。
年収ベースでは、さほど変化がない分、待遇がかなり改善されているように感じます。
もしかしたら、転職のチャンスは今なのかもしれません。

 

また、資格を持っているなら、それは有効活用すべきです。
転職にも有利なんです。
自分の価値を再認識すべきなんですよ。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

異業種への転職の志望動機

異業種への転職は、かなり難易度が高いと思われがちです。
そこで問題になるのは志望動機。
・なぜ前職を辞めたのかその理由
・なぜその会社に転職しようと思ったのかその理由
・異業種での転職に有利な自分の長所

 

これらのことに、理路整然と答えることができるようになれば、ハードルはかなり低くなります。
自分がどうして異業種へ転職をしようと思ったかの理由が、前向きで相手を納得できる理由であれば恐れることはありません。

 

異業種への転職で成功する人のタイプ

まずは、異業種でも利用できる共通したスキルがあるかどうか。
異業種といえども、接客能力やコミュニケーション能力、事務処理能力などはどんな会社でも共通です。
その上で専門知識なども共通なものがあればアピールできます。
異業種からの転職で大事なのは、即戦力になりうるかどうかです。
前職でのスキルがどれだけ使えるか、そこをしっかり認識しているかが大事なのです。

 

また、あなたのこれからの伸びしろも判断されます。
実際の業務とは別に、部下を管理した経験などは、将来管理職としての可能性も表現できるのです。
年齢にもよりますが、ある程度の社会経験を積んだ人なら当然そういった経験もしているはず。
業務以外の人のマネージメント能力は高く評価されるのです。

 

なぜ会社を辞めて異業種に転職するのか
自分の適性が現在の仕事では発揮できない。
以前から、その業界に興味を持っていて、自分なりに勉強や資格取得の準備をしていた。
こういった視点で志望動機を用意しましょう。

 

なぜその会社に転職しようと思ったか
以前からの会社の商品やサービスを知っていて普段から利用している。
商品やサービスにとても魅力を感じて、使う側から売る側になりたいと思った。

 

異業種への転職で自分が持っている有利なスキル
接客の経験があり、お客様や企業への心配りができる。
また、前職でもその能力を高く評価されていた。

 

趣味でやっていたことだが、自分なりに独学で勉強してきた。
これらのように、まずは自分を分析して、どんな強みがあるか知っておくことが大事です。

 

面接での注意

前職の待遇や給与の話は、回答を求められない限りは話すことはやめましょう。
特に批判的な言葉は逆効果です。
むしろ、自分のこれからの姿や転職先でいかに貢献できるかなど、前向きな志望動機が良いでしょう。
前向きな志望動機が大切です。

 

続きを読む≫ 2016/12/19 22:12:19

未経験での営業職への転職の志望動機

経験が無くても営業職にチャレンジしたい。
今はアルバイトだけど営業職に就職したい。
そんな人の志望動機はどう書けばいいのでしょうか?

 

自分のスキルを整理する

今まで自分が経験した仕事やアルバイトでどんな経験をしたか整理しましょう。
そこで学んだことやスキルとして身につけたこと、また仕事をしていて気づいたことを具体的に書き出しましょう。
できれば前向きな言葉でまとめるといいでしょう。
そのなかでこじつけでもいいので、それらのスキルが営業職としてどう役立つか関連付けをしていきます。
自分のスキルは、営業職で得たものではないけれど、共通して使えるスキルがあるはずです。
そこをぜひともアピールしましょう。

 

スキルをアピールした志望動機

在飲食店でアルバイトをしています。
お客様の対応中心の接客業です。
仕事をしていく中で、お客様が何を求めているのか、どう接すれば喜んでもらえるか日々考えながら仕事をしています。
常連様にも喜ばれお褒めの言葉も頂くようになりました。
人と接すること、人に喜ばれる仕事に向いていると感じていました。
そんな中で、貴社の募集を拝見して、直接お客様と接しながら問題を解決する商品を紹介する業務に興味がわきました。
営業職としての経験はありませんが、接客業で得た自分のスキルが営業職に向いていると思い今回応募した次第です。

 

憧れている営業職ですが、仕事は大変なことや学ぶべきことが多々ある厳しい仕事だと認識しています。
それでも自分が成長する為には努力を惜しまない覚悟を持っています。
一流の営業職を目指す決意です。
よろしくお願い致します。

 

志望動機の効果的なテーマ

未経験で営業職に転職する際の志望動機のテーマを紹介します。
自分の経験に照らし合わせて、具体的な言葉で説明できるようにしておきましょう。

 

自分の可能性を信じて、実力を試してみたい。
今より多くの給料をもらいたい。
結果を出して上級職に就きたい。
やりがいを感じられる仕事をしたい。
人に喜ばれる仕事がしたい。

 

これらのテーマに沿って自分なりの志望動機を用意しましょう。
ただし、このサイトや他のサイトに書いてある志望動機をそのまま使うことは避けましょう。
意外と面接担当者も見ているのですよ。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

企画職の転職の志望動機

企画職にて転職を志望するさい、どんな志望動機がよいのでしょうか?
採用される志望動機を紹介します。

 

企画職の経験がある人の志望動機

前職での経験は必ず伝えること。
またより具体的な事例を交えて説明できるようにしておきましょう。
その上で即戦力であることをアピールすることが大事です。
また、転職先の企業の得意分野や取引先の商品をリサーチしておいて、自分のできることややりたいことと合致していることをアピールしましょう。
さらに、転職がステップアップのためにという前向きな姿勢を伝えることが大事です。

 

前職では企画職として、商品の企画や開発を担当していました。
また、市場のリサーチも行っていた経験もあります。
ご存知かもしれませんが○○の企画と開発を担当して、前職での売り上げアップに貢献した経験があります。
貴社も同じ分野での商品を扱っているとお聞きしています。
商品のブランド構築はもちろん広に関してもとても評価が高いと思っています。
お客様から高い支持を頂く多くの商品を取り扱っている貴社の商品企画として働くことを希望します。
前職とはまた違った業務指針やブランド構築を身に付けることでより成長し貴社に貢献できる人材になれると自負しています。
どうぞよろしくお願いします。

 

企画職の経験がない人の志望動機

前職での経験が転職先の企業でも利用できると思う部分をアピールしましょう。
また、転職先企業の商品やサービス、事業内容は事前にしっかり調べて意欲をアピールしましょう。

 

自分が考えて開発した商品が現物になる企画職という仕事に就きたいと思ったのが志望の動機です。
前職では、若者向けの洋服のブランドのショップ店員として働いて、人が作ったものを売る仕事でした。
お客様と話す機会が多く、着こなしの提案などを行う業務を担当していました。
若い人の気持ちが分かる商品作りをしている貴社で、私のスキルを利用して自分が売れると思う商品企画をやりたいと思っています。
貴社の売り上げアップと、事業発展に貢献したいと思います。
よろしくお願いします。

 

面接での注意

前職への待遇や給与の不満を述べることは避けましょう。
前向きな姿勢、熱意をもって自分の言葉で志望動機を述べることが大事です。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

サービス業の転職の志望動機

サービス業への転職の際、どんな志望動機が効果的なのでしょうか?
志望動機といわれてもすぐに思いつくことがない人は参考にしてください。

 

サービス業への転職をする前に調べること

サービス業といっても様々な業界があります。
希望する業界が提供している商品やサービスの内容は予め調べておいて、自分なりに理解しておくことが大事です。
働きたい業界の中で、具体的な仕事が何なのかしっかりとした目標を持っていることが大事です。
その上で志望動機を考えましょう。

 

サービス業の経験がない人の志望動機

未経験の業界に転職を考えているなら、志望動機はなぜその業界や会社を選んだかがキーポイントになります。
実際の自分の経験や体験を踏まえて、具体的なエピソードなどを交えて話せるといいでしょう。
また、前向きな姿勢や熱意をもって説明することが大事です。

 

私は学生時代に東アジアを貧乏旅行した経験があります。
そこで旅の楽しさ感じました。
旅は、現地へ実際にいくことも楽しいですが、準備期間でも十分楽しかったのを覚えています。
さらに、旅を終えてからも思い出として長く楽しめました。
この旅の楽しさを、人に仕事として感じてもらいたいと思い貴社を志望しました。
貴社は、とくにアジア圏でのツアーを多く企画していると認識しています。
計画をして、細部まで綿密に調べて旅行を楽しむ方法をお客様に提案できると自負しています。
アルバイトで、接客業の経験があり人にサービスすることにも喜びを感じます。
様々なお客様とのお付き合いを通じて自分がステップアップできるよう頑張りたいと思います。

 

サービス業の経験がある人の志望動機

経験者は、自分のスキルを具体的な言葉を使って説明できるようにしておきましょう。
また、今後の自分のステップアップを見込んだ転職であると、前向きに熱意を持って説明できることが大事です。

 

前職では、コンビニの運営会社のスーパーバイザーとして店舗管理を行っていました。
お客様のニーズを調査し、商品の売り上げを管理しながら、新規の商品コンセプトや販売戦略等を検討しながら業務を行っていました。
また、店舗オーナーと協力し売り上げアップのために様々な活動も行っていました。
これまでの自分の経験は貴社でも十分活用できると自負しています。
貴社での新規FC展開に魅力を感じ、さらに自分のスキルを活用しながらステップアップを決意して志望しました。
前職より、ステップアップした業務に携わりたいと思いこのたび本部での開発スタッフに応募した次第です。

 

面接での注意

前職の待遇や給与などに問題があっても、接客的に話すのはNGです。
前向きな姿勢を持って転職を考えていることを前面にアピールしましょう。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

製造業の転職の志望動機

製造業の転職時、どんな志望動機が良いのでしょうか。
採用されやすい志望動機の例をご紹介します。

 

製造業の経験がある人の志望動機

自分が何をやりたくて転職をしようとしているか明確にしておきましょう。
経験があるので、即戦力であることはしっかりアピールしたいものです。
現職のスキルが転職先の企業で活かせるポイントを整理しておきましょう。
自分のことばで、具体的な言葉で伝えることが大事です。
さらに、今後自分がどうありたいか、将来像も述べることができればベストです。

 

貴社の製造規模だからこそ経験できる、大規模製造としてのコスト管理や工程管理業務に携わりたいと思い志望しました。
前職(現職)では、現地工場での予算管理から生産管理までに渡って業務を行ってきました。
今後は、実際の製造現場で培ったスキルを活かし、コスト管理や工程管理を行うことで効率的な工場運営を行うことはもちろん、製造スタッフの人たちと一緒になって問題点の改善などを行い快適な製造現場の実現に向けても力を入れたいと思います。
よろしくお願いします。

 

製造業の経験が無い人の志望動機

どうして未経験の業種や職種で働きたいかは明確にしておきましょう。
ここは必ず聞かれるところです。
また、なぜその会社を選んだかの理由もしっかり考えてきましょう。
たとえ未経験でも、今までの職業やアルバイトで得たスキルは立派にアピールできます。
応募する企業の業務内容に合わせて自分なりにマッチングしている部分を見つけておくことが大事です。
さらに、自分を採用することで発生する転職先の企業に対するメリットも考えておきましょう。

 

性格的に細かい作業が得意です。
しっかりと技術を学ぶことができる製造業で働きたいと思い貴社を志望しました。
○○業界でシェアを拡大している貴社の求人を拝見しここで働きたいと思ったのが理由です。
海外への輸出も増加傾向だと伺っています。
幅広い業務に携わり、私のアルバイトで身に付けた臨機応変な対応能力を活かし、文化の異なる国との取引や交渉に役立てていこうと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

 

面接での注意

前職をなぜ辞めたか聞かれることがあります。
面接では、給与や待遇などに対しての批判は止めましょう。
終始、前向きな言葉で答えるようにしておきましょう。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

設計士の転職の志望動機の例

メーカーなどの機械設計士の転職の際、志望動機はどうあるべきでしょうか。
基本的には、あなたがどんなスキルや知識を得ているかをチェックされるのが普通です。
ここでは、採用されやすい志望動機の書き方をご紹介します。

 

志望理由や転職理由をあらかじめまとめておく

前職を辞めてその企業になぜ転職をしようと思ったか。
転職するに至った動機やエピソードなどは整理して明確に答えられるようにしておきましょう。
転職先に企業のどのようなところに魅力を感じたか、その企業でなければならない理由は必ず質問されると思っておいてください。
たとえば、スキルアップしたい方向性などを具体的な言葉で説明できることが大事です。
面接担当者が納得できる志望動機を用意しておきましょう。
ここで大事なのは具体性です。
ただ単に自分のスキルが活かせるだけでは、誰でも言える志望動機と思ったほうがいいでしょう。

 

自分の得意分野と進みたい方向性は理解して整理しておく

メーカーの機械設計の求人内容には、企業が求める経験分野が記載されていることが多いのです。
ところが面接担当者が機械設計に詳しいかどうかは分かりません。
専門用語はなるべく控えて説明するように心掛けましょう。
得意とする分野を説明して、自分がこれから目指す方向性をしっかり熱意を持って話すようにしましょう。

 

志望動機でアピールするポイント

求人内容には、求めるスキルや経験が記載されていることが普通です。
ただ、それらを全て満たしている人だけが対象かどうかは求める人材像もあり全てではありません。
面接担当者が欲しいという人材は、多少スキルが不足していても、今後その企業でしっかり業務を行える人です。
スキル以外にも、自分が進みたい方向性や熱意がキーポイントtなることもあります。
多少スキルは劣っても採用される人がいるのはそのためです。
なぜその企業を選んだのか?
自分がどういう風にキャリアアップしていきたいのか?
どう貢献していきたいのか?
そういった内容をしっかり熱意を持って説明することで採用の門戸は開かれます。

 

意外にコミュニケーション能力も問われる

技術設計士に限らず、専門職を志望する人には独りよがりな人もまれにいます。
共同作業がわずらわしいので、専門職をしているという人です。
しかし多くの企業では、専門職といえども他部門の人と共同で行う業務が一般的です。
そのなかで実は、コミュニケーション能力が問われるのです。
チームの中でも効率的に業務を行える人、調整能力がある人が求められるのが現状です。
専門職の知識や経験はもちろん、人と円滑に業務ができることも大事なポイントなので志望動機の中にも盛り込むことを忘れないようにしましょう。

 

面接での注意

経験やスキルをアピールする手前、時として前職の批判を話し始める人も多いのです。
ところがこれは絶対やってはいけないことです。
面接や履歴書の志望動機は、あくまで前向きな言葉にとどめましょう。
前向きな志望動機を熱意を持って語ることが大事です。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

管理職の転職の志望動機の書き方

管理職での転職の際の志望動機はどう書けばよいのでしょうか?
最近のハイクラスな転職の求人の中には、マネージメントの能力の優れた管理職を募集しているケースも多いようです。
管理職としてキャリアアップするための志望動機を紹介します。

 

面接で確認されるポイント

管理職の採用は、一般職とは違いコストも掛るのはもちろん、広く広報できないこともあるので、転職エージェントなどを介して募集を行います。
慎重に時間を掛けて応募者をチェックしていきます。

 

マネジメント能力
業務経験
スキル
コミュニケーション能力
企業の理念とのマッチング

 

概ねこれらの項目を中心にして、転職志望者をチェックして、面接を実施し採用となります。

 

管理職は企業の中心になります。
一般的な職種の人以上に確認するポイントは多くかつ深くなります。
その中でも、
会社の理念に共感しているか
早く実績を出してくれそうか
が、とくに確認されるポイントです。

 

管理職として、上層部の意思を自分のチームの人たちに伝えるのが仕事でもあります。
その企業に理念に共感できていなければなりません。
また、管理者といえど個人的な実績も出すことも最近は求められます。
管理職であり、ハイプレイヤーであることも求められているのです。

 

管理職のモtめられる人物像

まずは、即戦力として活躍できる人物であること。
それらを面接などで説明するには、自分のキャリアやスキルをしっかり理解して自分の強みを表現できることが大事です。
未経験の業界であってもスキルや経験の共通点を見いだしておくことで、そこから自分を売り込むポイントが見つかります。
まずは冷静に自分のたな卸しを行いましょう。

 

志望動機を書く時のポイント

転職先の企業研究をしっかり行う。
過去の実績や経験、マネジメント能力などは必ずアピールしましょう。
自分が経験したり担当した案件は詳細に説明できるようにしておくこと。
また、具体的な数値などを盛り込むことで現実感がわき信頼度も増します。
説得力のある志望動機を熱意を持って説明することが大事です。

 

管理職の転職をするなら、転職エージェントの利用をお勧めします。
求人情報などは、公開されていないものがほとんどだからです。

 

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

ルートセールス営業の転職の志望動機の書き方

ルートセールス営業の転職の志望動機はどういうものが良いのでしょうか?
採用される志望動機をご紹介します。

 

まずは、ルートセールス営業の細かい業務内容を知っておきましょう。
現在ルートセールス営業の業務を行っている人も今一度確認しておきましょう。
転職先の会社でも、得意先の企業や顧客、営業手法によっても違うことがあります。
具体的にどのような業務をしているのか今一度確認しておきましょう。

 

ルートセールス営業の業務

ルートセールスの営業職とは、取引先の企業や顧客を巡回して営業活動を行う仕事です。
巡回しながら既存顧客への訪問を行い、サービスや商品を買ってもらい売上を向上させる仕事です。
むやみに巡回することはなく、一般的には販売実績をもとに販売計画を立案し、目標の売り上げを実現するために営業を行います。

 

ルートセールス営業の適正とは

ルートセールスの営業は、なにはともあれ人付き合いが得意なタイプでなくてはいけません。
既存の顧客を巡回するので気張りが出来る人に向いています。
また、自分から話すよりも相手の話を聞くことができる人がいいようです。
お話を聞きながら、相手の問題点を把握してその問題点を解決する商品やサービスを提案していくことが大事なのです。
顧客を巡回しているだけでの楽な仕事と思われがちですが、ずっとお付き合いしていく顧客を維持するのも大変です。
いろんな顧客を相手にするので、ストレスにも強い人に向いているようです。

 

ルートセールス営業の経験がある人の志望動機

業界の違いはあっても、業務の経験があることをアピールしましょう。
即戦力を企業は求めています。
実際の自分の経験をその企業でも生かせる自信があることを伝えましょう。
また前職での経験や評価も盛り込むと良い志望動機になります。

 

前職では、機械メーカーでのルートセールス営業をやっておりました。
1日5件程度の顧客を訪問し、担当者と面談しながら商談を行っていました。
その経験を活かせるのではと思い今回応募させていただきました。
コミュニケーション能力には自信があります。
また、様々な顧客の要望に対応する行動力にも自信があります。
必要な商品知識を早急に習得しながら、即戦力として貴社に貢献できるよう頑張るつもりです。
よろしくお願い致します。

 

ルートセールス営業の経験がない人の志望動機

前職で得たスキルや経験は、転職先で使えるものも必ずあります。
その部分をしっかりアピールしましょう。
また、なぜその業務に魅力を感じたか、自分なりに思ったことを具体的に説明できることが大事です。

 

顧客と親密な信頼関係を築きながら営業活動を行い、売上を上げていく貴社の業務に魅力を感じ今回志望しました。
前職では飛び込み営業をやっており、数をこなしながら売り上げを上げる仕事でした。
そこで身に付けたコミュニケーション能力と問題解決能力には自信があります。
売ってしまえばそれで終わりになる営業活動に疑問を感じている中貴社の募集を知り応募しました。
粘り強さには自信があります。
よろしくお願いします。

 

面接での注意

前職の批判はなるべく言わないこと。
前向きに熱意を持って、何故その企業を選らんだのかを説明しましょう。
それぞれの顧客と信頼関係を築きながら丁寧に提案でき、長いお付き合いができる仕事に就きたいと思っています。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

製造業の転職の志望動機の例・書き方

転職の際、悩むのが志望動機。
履歴書に書いたり、面接で説明したりと重要なのは何となくわかるけど、実際どんな志望動機を書けばいいかわからないのが普通です。
採用されやすい志望動機の書き方を紹介します。
ただし、これをそのまま使うのはNGです。
自分なりにアレンジしたほうが良いでしょう。
なにより自分の言葉で説明するのです。
熱意をもって語れるようにしておきましょう。

 

製造業の経験がある人の志望動機

自分の担当していた分野・経験・スキルを伝えることが大事です。
当然専門的な言葉で具体的に表現しましょう。
熱意を持って話し事が大事です。
また、転職先の企業の事業内容やサービス内容を自分なりにリサーチし、それに対してどう思いどうしたいか具体的に話せるようにしておきましょう。
基本的な技術を持った人を募集していると求人から読み取ったなら、自分の技術や経験がその企業に対して貢献できるという事を熱意を持って話せるように準備しておくことが大事です。

 

前職では○年間、工場内での自動車ボデーの溶接作業を担当していました。
スポット溶接に関しては自信があります。
図面を見て仕様なども確認しながら作業もできます。
個人的な技術は当然ですが、後輩への指導や教育も任されていました。
貴社製品は東南アジア地域にも進出していると認識しています。
自分が作った製品が日本だけではなく海外でも使われていると聞き、そのスタッフになりたいと思いました。
私の技術は、貴社でも即戦力として活躍できると自負しております。
将来的には現場でのリーダーとしても貢献できると思い志望しました。
よろしくお願いします。

 

製造業での経験が無い人の志望動機

多少なりとも知識の蓄積があればアピールすることが大事です。
未経験者を募集する求人もありますので、自分なりに知識を得る姿勢や知識の習得にも前向きであると言うことを熱意を持って説明出来るようにしましょう。

 

前職では、他業種の営業業務をやっておりました。
住宅営業で、モデルルームに常駐し来店してきたお客様に住宅の新築をおすすめする営業です。
住宅の設備機器などのメンテナンスも好きでモデルルームでの機器の修理なども業者を交えて行ったこともあり、住宅にこだわらず様々なもの作りにとても興味を抱きました。
お客様にも紹介を受け、会社にも頼りにされていましたが、もの作りに携わりたいという思いが強くなり今回志望いたしました。
営業として培ったコミュニケーション能力には自信があります。
みんなで作り上げるチームワークや人をまとめる能力にも自信があります。
実際の工場作業は未経験ですが、仕事中以外でも知識を増やす努力を行いながら少しでも早く活躍したいと思っています。
よろしくお願いします。

 

面接での注意

前職への批判はなるべく避けた方が賢明です。
とにかく前向きで熱意を持って話すことが大事です。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

異業種転職の志望動機の例・書き方

異業種への転職というと、まずは自分の年齢がその求人に合っているかどうかが大事です。
経験が無くてもいいけど若い人を募集しているという求人に、年齢を超えて応募するのはおすすめしません。
もちろん年齢を超えて応募しても採用される自信があるなら別ですが。

 

また、未経験者で良くても現在の収入以上の給与をもらえることはまず無いと思ってください。
本当に好きな仕事、短期間で収入をアップする可能性がある仕事ならチャレンジしてみる価値はあります。
人それぞれ事情はありますが、このポイントだけはしっかり理解しておきましょう。

 

異業種転職の志望動機のポイント

異業種での転職志望で大切なのは熱意です。
現在仕事をしていて、違う業種や違う業務に就きたい人を採用する場合、面接担当者が注目するのは熱意です。
なぜその会社を選んだのか、なぜ前の会社を辞めてまで転職しようと思ったか。
ここをしっかり説明出来ないといけません。
できれば具体的な言葉や体験を交えて熱意をもって話しましょう。

 

前職(現職)の仕事は○○(営業や事務など)です。
会社での仕事に特に不満はありません。
上司の評価も良く、仕事にやりがいも感じています。
実は、貴社の△△(商品やサービスなど)がとても好きで普段から利用しています。
△△に惚れ込むあまり、自分なりにかなり深く調べているうちに、△△に対する知識には誰にも負けないほどになっています。
たまたま、友人の転職の話を聞いて何気なく自分も転職サイトをのぞいていたところ貴社の求人を拝見しました。
いままで転職する気も無かった私が、その後貴社で仕事をしたいと強く思ったのは△△が好きなだけではなく、貴社の事業に感銘を受けていたからです。
募集されている業務の経験はありません。
でも、知識だけなら誰にも負けないと思います。
私の知識と○○で培った粘り強さで貴社で必ず活躍し貢献できると自負しております。
どうぞよろしくお願いします。

 

面接での注意

面接で前職の批判は控えましょう。
基本的に未経験なので謙虚な態度が好感を持たれます。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

栄養士の転職の志望動機

人気の栄養士という職業。
転職の際の志望動機に困っている人も多いようです。
栄養士の志望動機の例を紹介します。

 

応募する企業の中での自分がやりたい業務の内容をしっかり理解しておきましょう。
企業の中で、商品開発や研究などをしたいときは、将来、管理栄養士の資格取得も考えていることなど、前向きな志望動機を交えて述べるようにしましょう。
実際に食品を作るときのめにゅーの立案等を希望している場合は、調理の実績や調理人とのコミュニケーション能力も必要です。
相手に合わせた志望動機を用意しておきましょう。

 

栄養士の経験がない人の志望動機

自分なりにその企業の業務内容や商品を調べておき、感想など具体的に話せるようにしておきましょう。
商品に価値を感じていて、その商品を扱う企業で働きたいことをアピールしましょう。
実際の業務経験が無くても、学校で人通り学んでいるはずです、その部分をしっかりアピールするようにしておきましょう。

 

貴社は健康に配慮していて、味も素晴らしい食品を開発されている認識しています。
実際に私個人も、一人暮らしでの、必要な栄養素を摂取するメニューが多くいつも購入しています。
業務として、カロリーを考慮したメニュー作りはもちろん、購入する人の満足する商品を企画・開発するため学校で得た知識を最大限に活用して貴社に貢献できるように頑張りたいと思います。
よろしくお願いします

 

 栄養士の経験がある人の志望動機

栄養士として、仕事をどういう風に考えてきたかを述べることが大事です。
食事に関する自分の意見が述べられればよいでしょう。

 

子供が大好きで子供の健康に関われる保育園での業務をを希望しています。
特に食事は、子供の体の成長はもちろん情緒を育む大切な要素だと認識しています。
小さな頃の食習慣が、成人後の健康に大きく影響すると学んできました。
子供達が将来に渡って健康維持ができるよう、食事作りやメニュー作りに貢献していきたいと思っています。
また、昨今はアレルギーに対して細心の配慮が必要と考えています。
他の子供と違わない代替食を考え差別しない思いやりを持つ食育をしていきたいと思っています。

 

面接での注意

前職での待遇面や給与面への批判ななるべく避けましょう。
自分がこれから栄養士としてどうありたいか、前向きな志望動機が効果的です。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:41:19

営業事務の転職の志望動機

営業事務の転職の際、志望動機はどういう風に書けばいいのか?
経験がない人には、業務の内容が分かりにくく書き出しすら悩むところだと思います。
また、経験者もどんなところをアピールべきか、実際に志望動機を書く時につまづくことが多いようです。
営業事務の志望動機を紹介します。

 

営業事務のお仕事内容

事務系のお仕事を志望する人は結構多いですが、営業事務というお仕事が実際どんな業務を行うか知っている人は少ないようです。
営業事務の業務に関して基本的な知識は事前に理解しておきましょう。

 

営業事務とは、基本的には営業担当者のサポートを行うのが仕事です。
在庫管理や受発注はもちろん、資料作成や電話応対などの雑務も含まれることが多いようです。
また、一般事務と比べて営業事務の方が専門性の高い仕事が求められるのが事実です。
転職先の会社の商品やサービスは予め調査しておくことが大事です。

 

営業事務の適性
パソコンスキル

ワードやエクセル、パワーポイントなどは営業事務には必須のスキルです。

人に気配りで出来る人

裏方のお仕事で、営業担当者をサポートするのがお仕事の中心です。
人への思いやりや気配りが出来る人に向いているお仕事です。
また、営業担当が効率よく仕事が出来るような気配りや業務内容の熟知も必要です。
基本的には、人とのコミュニケーション能力がある人に向いているのです。

コツコツ地道な作業ができる

営業事務のお仕事は基本的には社内業務です。
資料や見積書の作成やチェック、電話対応が主な業務です。
同じ仕事を何度も繰り返すことも多いので、慎重に丁寧な仕事が出来る人に向いています。
見積もりなどでミスをすると利益にも影響がでる重要なお仕事です。
細かいところまで気が回る人が好まれるのです。

 

営業事務の経験がある人の志望動機

同じ業務での経験を活かしたいというところはアピールポイントです。
営業事務は即戦力を求めていることが多いので経験者は優遇されます。
業務に慣れていることを伝えましょう。
また、営業事務でなくても事務経験があれば業務の基礎は出来ていると考えられるので、しっかりアピールしましょう。

 

前職では、同じ業界で営業事務を行っていました。
営業担当者それぞれの好みや仕事の進め方の違いに合わせて、自分なりに最適なサポートができていると社内でも評価を頂いていました。
今回、転職を希望したのは、自分のスキルを活かしてさらに営業事務としてのスキルアップを考えたからです。
いろんな営業担当の方とお付き合いをしながら、営業事務としてさらに経験を積んでいきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いします。

 

営業事務の経験がない人の志望動機

事務経験はあるけれど営業事務の経験がない。
そんな人は、事務の仕事が好きだというところをアピールしましょう。
事務職は裏方のお仕事です。
人のサポートをする仕事が何より好きだということを伝えるようにしましょう。

 

営業事務の経験はありませんが、前職でも裏方のお仕事をしていました。
人のサポートをすることに喜びを感じています。
今回営業事務に応募すたのは、自分のサポート能力をさらに活かせる仕事をしたいと思ったのがきっかけです。
コツコツ地道な作業も苦にならない性格です。
こちらの業界の業務にとても憧れを感じています。
早く業務の流れや実務をつんで、皆さんから信頼される営業事務になりたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

 

面接での注意

前職での待遇面や人間関係に関して述べることは避けましょう。
とくに批判的な言葉は逆効果です。
前向きな転職、スキルアップが目的の転職であることをアピールすることが大事です。

 



続きを読む≫ 2016/12/19 20:41:19

経理職の転職の志望動機

転職する際に悩むのが志望動機です。
経理職で転職する際の志望動機の例を紹介します。

 

 経理職の経験がある人の志望動機

担当していた分野や経験、スキルを伝えましょう。
即戦力であることをアピールしましょう
個人で成果が出た業務がある場合はしっかりアピールするようにします。
PSPLや有価証券報告書がネットなどで開示している場合はしっかり確認しておくことも大事です。

 

前職では経理職として月次の決算処理や現金の出納また帳簿の管理や支払いの振込業務などを担当していました。
経理だけでなく、雑務も含めてオフィスのお仕事も任されていました。
コスト面での改善業務も同時に行い、会社の評価も頂いています。
貴社の利益率の向上に貢献し、経理面からバックアップできるスキルは身についていると思います。
よろしくお願いします。

 

経理職の経験がない人の志望動機

経営職の経験が無いなら、前職の経験を活かせるポイントを盛り込み志望動機に盛り込みましょう。
事務処理能力や数字分析能力に自信があるならアピールできます。
経理職では、簿記の資格取得などを持っているなら必ずアピールしましょう。

 

大学では経営学部を専攻していました。
主に企業の財務会計について学んできました。
在学中に、日商簿記3級を取得しております。
自分が勉強してきたことや、資格が活かせる業務をやりたいと思い志望しました。
前職は営業職を経験しており、経理職の実務は未経験ですが、早急に業務に慣れるとともに、営業職で身につけたコミュニケーション能力も活かしていきたいと思います。
貴社の経営基盤強化と利益向上に貢献できる人材になるべく努力したいと思います。

 

面接での注意

営業職などの外勤業務から、経理職への内勤への転身の際は、なぜそう志望しているかの明確な動機が必要です。
内勤がいいと思いました、だけでは面接担当者の心を動かすことができません。
資格を持っているなら、その資格を活かした仕事がしたかった。
会社の裏方で自分の長所を活かしたいなど、具体的な動機が必要です。

 

また、転職の理由を前職の批判で語ることは避けましょう。
前向きに自分のスキルを活かしたい、さらに幅広い仕事がしたいなど、具体的な言葉で表現することが大事です。

続きを読む≫ 2016/12/16 22:12:16

人事職の転職の志望動機

人事職で転職を希望する場合、どんな志望動機が有効でしょうか?
一旦転職を決意しても、自分をどうアピールしていいか分からない人も多いようです。
人事職の志望動機のポイントと例をご紹介します。

 

人事職の経験がある人の志望動機

現職での人事職で活かせるる採用や評価制度などの専門的な経験をアピールしましょう。
即戦力として仕事ができる可能性を示すことが大事です。
今後の自分の前向きな姿を描いていることも大事です。
熱意を持って伝えるようにしましょう。

 

今自分が関っている人事職のスキルが活かせると考えています。
貴社にて刷新した人事評価システムの導入にとても魅力を感じています。
4年間、人事職として多くの採用や評価はもちろん、労務管理までを担当してきました。
今後も従業員の人たちがやりがいを持って働けるような評価方法に取り組んでいきたいと思っています。
私のスキルや知識を活かして貴社にて即戦力として活躍したいと思っています。
よろしくお願いします。

 

人事職の経験がない人の志望動機

未経験職種であっても、人事職に共通したスキルを持っているならアピールしましょう。
その上で即戦力になりうる可能性は述べたいものです。
また、個人的に業界知識を学ぶ姿勢は好感が持てます。
なにより前向きな姿勢は大事です。

 

貴社の、採用フローの策定から担当できるという点に魅力を感じています。
人事職としての明確なスキルはありませんが、店舗の店長としてアルバイトの採用や新規教育・新人研修などにも多く関わった経験があります。
人を管理し、より良い会社の体制を支えていくことに魅力を感じています。
異業種から転身することで、違った視点で提案できることもあるかと思います。
会社で与えられた知識以外にも、自分なりに不足する業界知識を得ていこうと考えています。
貴社で貢献できる人材になるように頑張ります。
よろしくお願いします。

 

 面接の注意

前職の待遇や給与に対する不満は述べないほうが無難です。
前向きな姿勢、業務に対する熱意をもった志望動機を心掛けましょう。

続きを読む≫ 2016/12/11 22:12:11

ゲームプランナーの転職の志望動機

初めての転職は誰でも不安があります。
特に、志望動機をどうするかに悩んでいる人が多いようです。
ゲームプランナーの転職時に最適な志望動機を紹介します。

 

ゲームプランナーの経験がある人の志望動機

転職先の企業で今後何を行いたいか、具体的に表現しましょう。
また、転職先の企業の提供しているゲームタイトルやアプリは予め調査しておき自分なりに評価出来ようにしておきましょう。

 

前職では課金型のRPGのアプリの企画を担当していました。
広告なしで高いダウンロード数を記録し、社内でも高く評価されました。
貴社は多くの人気アプリを手掛けていると聞いています。
ユーザーが継続して遊べる仕組みやゲームが展開するシナリオなど魅力的なアプリが多いと感じています。
また、企画面でとても参考になるゲームも多数あります。
私自信もそういった面を勉強しながら、より良いゲームで多くのファンを創出したいと思います。
頑張って貴社に貢献いたします。
よろしくお願いします。

 

ゲームプランナーの経験がない人の志望動機

自分自身で、経験やスキルを整理して、提案力や企画力があることをアピールできるようにしましょう。
できれば具体的な内容を盛り込んだほうが効果的です。
また、ゲーム業界に興味があり自分なりに勉強していることがあればアピールポイントにもなります。

 

前職は営業で職でした。
顧客での競合商品やサービスをリサーチをし、企画提案を行う営業をしていました。
自分では、様々なアイディアを出すスキルがあると自負しています。
実務経験はありませんが、自分なりに流行っているゲームのリサーチを実施したり、実際に趣味としてゲームを行うことで、ゲームアプリの市場動向を把握することを行っています。
前職で培った、リサーチ能力・企画提案力を活かしてゲームプランナーとして活躍したいと考えております。
よろしくお願いします。

 

面接での注意

ゲームプランナーは、様々な経験や知識も必要です。
自分なりに、普段どんな意識でゲーム業界に対して意識しているかを話しましょう。
前職での待遇面の悪さや給与の低さなど避難的な志望動機はNGです。
なにより前向きな姿勢を持ち面接に望みましょう。

続きを読む≫ 2016/12/11 22:12:11

工場スタッフの転職の志望動機

コツコツと仕事が出来る人に向いている工場スタッフ。
転職にあたっては、経験者は実務も当然ですが管理業務の経験もアピールできれば効果的です。
未経験の人は、前職のスキルがどう役立つか自分なりにアピールポイントを整理しておきましょう。

 

どちらも、ただ作業ができる資質を持っているというアピールとは別な視点で、志望した理由などを具体的なエピソードなどを交えて語れるようにしておくことが大事です。

 

工場スタッフの経験がある人の志望動機

転職して、何がやりたいのか具体的に説明できることが大事です。
同業他社での実務経験があるなら、即戦力として活躍できる可能性をアピールしましょう。
実務経験を踏まえて、自分を活かせる点を具体的に述べましょう。
また、自分の将来像を描き、応募先の企業で今後どういう風になりたいか具体的な言葉で説明できるようにしておきましょう。
安易で具体性に欠けることばはむしろ逆効果になります。

 

食品業界の大手で、毎日○万食以上もの商品を製造している貴社で経験できる、大規模な製造現場でのコスト管理や工程・品質管理に携わりたく志望しました。
前職では予算管理から生産管理業務までをこなしてした経験があります。
自分のスキルを活かし貴社での管理業務はもちろん、工場スタッフと一丸になれるよう業務に励み、労務管理や指導・改善などの業務も含めた仕事をめざしたいと思い志望しました。
よろしくお願いします。

 

工場スタッフ未経験の人の志望動機

なぜ未経験の業種や職種で働きたいかを具体的な言葉で表現できるようにしておきましょう。
その企業だからこそ入社したいことを裏付ける具体的な魅力を自分の言葉で伝えることが大事です。
未経験であっても、これまでの経験から身に付けたスキルがどう役立つかアピールしましょう。
また、前向きな姿勢を表現することで好感をもたれます。
さらに、将来の展望も具体的な言葉で表現できれば尚よいでしょう。

 

細かい作業が得意です。
ものづくりの現場で技術を学んでいきたいと思っています。
貴社は地元企業の中でも知名度があり安心して働ける職場だと思っています。
海外拠点の展開もあり、幅広い業務に関われることと期待しております。
工場スタッフの実務経験はありませんが、アルバイトの経験で身に付けた臨機応変な応対スキルは自信があります。
多くの人と協力して行う業務の中で、将来は管理業務も出来るようになりたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

 

面接での注意

前職やアルバイト先への批判などは禁物です。
あくまでその会社の業務に魅力を感じた、自分のステップアップを目標にした。
そういった志望動機が評価されます。

続きを読む≫ 2016/12/10 22:12:10

教員の転職の志望動機

転職時、教員として志望動機をどう書いていいか分からない。
そんな人には、以下の志望動機を参考にしてください。
なぜ教員をやりたいと思ったのか。
なぜ転職を思いたったのか。
具体的な経験やエピソードを交えて表現できるようにしておきましょう。
また、前向きな姿勢も評価されます。
自分が今後どういう風になりたいか、面接担当者に説明できるように整理しておきましょう。

 

教員の経験がある人の志望動機

応募先の教育方針は必ずチェックして、自分の理念と照らし合わせましょう。
自分が実践してきたこととの整合性を説明できれば効果的です。
実際の過去の教員としての取り組み姿勢や授業での指導内容など、漠然と授業を行ってきたのではなく、生徒を成長させたいという熱意などが感じられるように具体的に説明できるようにしておきましょう。

 

貴校の教育方針に共感しています。
実社会に貢献できる人材育成は、私の目指す教員としての実像と同じです。
これまでも、授業の中で勉強をすることがどのように社会と関わっているかを教えてきたつもりです。
常に生徒に考えさせる授業を行ってきました。
生徒が自分自身で学んだことが職業選択を関連づけて考てくれるようになり、進学率の向上や就職実績のアップに貢献してきました。
貴校でも、私の経験を活かして生徒と向き合っていきたいと感じています。
よろしくお願いします。

 

教員の経験がない人の志望動機

なぜ教員になりたいと思ったのか具体的に説明しましょう。
未経験であっても、これまでの経験が活かせる点も具体的に述べましょう。

 

個人的にも英語が好きで、英語の楽しさを多くの生徒に知ってもらいたいという思い志望いたしました。
大学卒業後は、民間企業に就職しましたが教員として生徒達の成長を見守っていきたいという気持ちが強くなったのが理由です。
留学経験もあり、前職では英会話の実力アップとコミュニケーション能力も向上したと自負しています。
この経験が、教員としても役に立つのではないかと思っています。
伝統ある貴校で生徒に寄り添い、とともに成長していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

 

面接での注意

前職、前職場の待遇や人間関係などを理由に転職するという志望動機はマイナスです。
あくまで前向きな転職を志している点をアピールしましょう。

続きを読む≫ 2016/12/10 22:12:10

受付業務の転職の志望動機

経験がある方なら、実際の実務経験をアピールしましょう。
未経験の人でも、自分の社交性や人当たりの良さなどをアピールしましょう。

 

受付業務の経験が無い人の志望動機

未経験でも、これまでのアルバイト経験や正社員としての実務など。そこで得られたスキルを活かすことをアピールしましょう。
受付として、しっかりとした対応が可能であることを相手に伝えるようにしましょう。

 

企業の「顔」として訪問されるお客さまと最初にお会いするため、企業イメージにかかわる大切な役割を担っているのが受付業務だと思います。
以前から憧れていて、やりがいのある仕事だと思っています。
貴社は、海外からこられるお客様も多いと聞いています。
多彩な業種の方をお迎えする受付業務をやりたいと思い志望しました。
過去に受付業務の経験はありませんが、学生時代にはレストランでの接客経験がります。
どこでも通用する思いやりの精神や接客マナーを身に付けています。
責任感を持って受付業務に取り組むつもりです。
よろしくお願いいたします。

 

受付業務の経験がある人の志望動機

英語力を活かしたいという自分の希望と応募先の職務内容が一致しているなど、自分の強みを志望動機とすることで面接担当者の欲しい人材になれます。
受付業務は笑顔や明るさなどをしっかりアピールしましょう。

 

海外の方が多く訪れる貴社の受付業務に魅力を感じています。
留学の経験もあり、英会話には自信があります。
また、前職も受付業務を担当していて、来社される方へのマナーや心配りには自信があります。
前職ではあまり英語を使用する機会はなかったので、今回意を決して貴社に応募いたしました。
常に英語力を磨く努力は続けております。
これまでの受付業務の経験を生かすとともに、持ち前の明るさと笑顔で来社されるお客様に気持ちよく案内が出来るように頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

 

面接での注意

面接の場で前職の批判をすることは避けましょう。
また、待遇面や給与などを比較するのもやめたほうがいいです。
前向きな姿勢とキャリアアップの気持ちを前面に出して面接に臨みましょう。

 



続きを読む≫ 2016/12/10 22:12:10

生命保険会社の転職の志望動機

生命保険会社に転職を考えているがどんな志望動機をがいいのか分からない。
良い志望動機、悪い志望動機を知りたい。
そんな人に、参考になる志望動機を紹介します。

 

人に保険を説明し契約をしてもらうのが生命保険の営業の仕事です。
ここでは、特にコミュニケーション能力が必要です。
未経験の場合、特に志望動機は生命保険会社の業務内容に基づくものである必要はありませんので、コミュニケーションスキルが重視されます。
これは経験者であっても同じことです。

 

但し、転職する方も未経験で参入される方も、転職を希望する企業ではどういう業務に力を入れているか、どういうプロジェクトが動いているかのリサーチは大事です。
面接のときには、それらに関して自分がどれほど関心があるか、自分のスキルがどう利用できるか、予め考あります。

 

生命保険会社の志望動機

未経験の人は、なぜ生命保険業界を志望したかの動機を話しましょう。
また特に営業で必要なコミュニケーション能力も備えていることもアピールしましょう。

 

個々のニーズにあわせて人生の安心を支えている貴社を志望しております。
学生の頃、父が倒れたとき暮らしの安心を支える保険という商品の重要性を実感しました。
人生には、保険というものがあるから安心して生活できると感じました。
人生で最も困難な時に生活を支えられる保険という商品にとても魅力を感じるようになりました。
生命保険業界の中でも、貴社は「ご契約者第一主義」を掲げていることを知り感銘を受けております。
今後も多様化するニーズにあわせた柔軟な事業展開を感じます。
またアルバイトで主に接客業をしていたおかげで人とのコミュニケーション能力も高いと自負しております。
貴社で働くことで、お客様の様々なニーズにあわせ、暮らしを支えていくことができると感じ志望しました。

 

転職先の商品を良く調べ、どこに特徴がありどんなサービスが良いか自分なりに感じたことを志望動機にしてみましょう。

 

私は常々人それぞれ、自分に合った保険を活用すべきだと思います。
自分なりにいろんな保険会社をリサーチしてみて、貴社のサービスが一番人々の生活に密着していると感じました。
保険の内容がわかりやすいという点にとくに魅力を感じています。
貴社で働くことにより、より多くの人に対し最適な保険加入のサポートができると思い志望いたしました。

 

面接での注意

なぜ生命保険業界を志したかかは、しっかり整理して説明できるようにしておきます。
具体的な体験をもとにするとより効果的です。
また、意欲を現す言葉を盛り込んでアピールすることも大事です。

続きを読む≫ 2016/12/08 21:41:08

ドライバーの転職の志望動機

運送業のドライバーさんの転職の志望動機の例を紹介します。
運送業は体力が勝負。
まずアピールすべきは体力面。
また、荷物を丁寧に扱う細やかな気配りが出来ることも大事です。
一人で荷物を運ぶような印象もありますが、倉庫や配達先とのコミュニケーション力も必要なポイントです。
これらのことを盛り込んだ志望動機が効果的です。

 

運送業・ドライバー経験者の志望動機

ドライバー経験はなによりのアピールポイントです。
免許も普通だけでなく大型免許も取得しているなら必ずアピールしましょう。

 

前職もドライバー業をやっていました。
先日、大型免許も取得致しさらに大きい車でお仕事をしたいと思い志望しました。
当然、体力にも自信があります。
お客様とのコミュニケーションにも自信があります。
ぜひ貴社で活躍したいと思っています。
よろしくお願いします。

 

ドライバ−未経験の志望動機

体を動かすことが好きというところをアピールしましょう。
前職で人と接するお仕事をしていたなら、必ずアピールすることも大事です。

 

学生時代はずっとサッカー部に所属していました。
体力には自信があります。
仕事をしながら、体も鍛える事が出来る点に魅力を感じています。
また、前職では営業をしておりました。
人とコミュニケーションをとることは得意です。
一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

 

面接での注意

ドライバーさんは、体力がなにより必要です。
体力に自信があることをアピールしましょう。
体力以外でも、人とのコミュニケーション能力や荷物や客先での心配が出来るかどうかもアピールポイントです。
前向きな志望動機が大事です。
逆に、前職への愚痴や悪口、待遇の悪さを述べることは避けるほうが懸命です。

続きを読む≫ 2016/12/07 21:41:07

販売・接客業の転職の志望動機

転職するとき、初めてでも数回目でも、悩むのが志望動機。
何を書けばいいのか分からない。
何を答えていいか分からない。
どういった方向性で書けばいいのだろう。
そんな悩みをお持ちの人に志望動機の例を紹介します。

 

志望動機は、転職をするとき必ず聞かれるポイントです。
しっかり準備し、転職意欲をアピールすることが採用されるポイントです。

 

 販売・接客業の経験がある人の志望動機

商品はもちろん、ブランドやサービスに対する知識や理解があることをアピールしましょう。
実際に転職先の店舗に行ってサービスを受けた話も大事なアピールポイントです。
前職(現職)でどのような実績を残したか、分かりやすく説明しましょう

 

貴社が展開している商品に共感しております。
貴社の商品は普段から利用させていただいており、店舗スタッフの接客も丁寧だと感じていました。
前職でも同じような販売の経験がございます。
商品陳列の担当もしており業務に対しては不安はありません。
前職の経験やスキルを活かして、貴社の販売スタッフとしてより多くの人に紹介することで貴社に貢献したいと考えています。
よろしくお願いいたします。

 

販売・接客業が未経験の人の志望動機

接客業に必要なコミュニケーション能力があることを伝えましょう。
また同業のサービスやブランドの中からなぜその会社を選んだかを伝えることも大事です。

 

前職は営業職をやっていました。
来社するお客様に対して丁寧な言葉づかいや話を聞き取る力は人には負けないつもりです。
営業職として、お客様に提案する能力も身についています。
貴社での販売や接客業でも十分活かせるスキルだと考えております。
貴社の商品は以前から愛用しております。
また、店舗スタッフの接客の良さに感銘を受けています。
私もお客様に、同じような体験を提供できるようになりたいと思い今回志望しました。
未経験ではございますが、お客様がこちらの店頭で買いたくなるような、ファンを獲得できるスタッフとして活躍できるように頑張るつもりです。
よろしくお願いします。

 

面接での注意

面接では、前向きな姿勢を表現することが大事です。
前職をなぜ辞めたかを聞かれることもありますが、愚痴や批判は避けることが懸命です。

 

続きを読む≫ 2016/12/07 21:41:07

医療事務の転職の志望動機

医療事務は人気の高いお仕事です。
特に主婦の方に人気があります。
求人に対する競争率も高いのです。
資格も必要なお仕事なので、だれでも転職できるとは限りませんが、資格が無くてもできる業務はあります。
求人情報を事前に確認しておきましょう。
資格は通信講座でも取得できます。
受付業務も行う場合があるので接客のスキルも求められることがあります。

 

医療事務が未経験の方の志望動機

未経験者がアピールできるポイントはやる気と人柄です。
経験があっても、実務が前職のやり方のまましか出来ない人よりも、何も知らない人の方が有利な場合もあるのです。
その際、採用されるポイントとなるのはやる気です。
素直さを面接の際アピールするのも大事です。

 

こちらのクリニックを志望した理由は、患者さん一人一人に向き合うことができるお仕事だと考えたのが理由です。
患者さんに、きめ細やかな対応とコミュニケーションをとることで円滑に業務を行いたいと思います。
実務経験はありませんが日々努力をし、少しでも早く実務を身につけられるように頑張りたいと思います。
医療事務のお仕事は、やりがいのある仕事だと強く感じています。
こちらのクリニックの一員として働きたいと強く思っています。
よろしくお願いします。

 

医療事務の経験がある人の志望動機

医療事務としての業務経験があるならはアピールしましょう。
但し、なぜ前職を辞めたかという理由は必ず聞かれることになります。
育児でブランクが空いたなど、差しさわりのない理由を用意しておきましょう。
また、前向きなステップアップを考えているなどと理由も効果的です。

 

前職では、医療事務員として2年程お仕事をしていました。
基本的に1人で全ての業務を行っていました。
いろんなトラブルもありましたが、努力のかいもあり高い評価を頂いていました。
患者さんには、どんな時も笑顔で丁寧な対応を心がけ、感謝もされて医療事務という仕事の大切さを学びました。
前職は、子育てのため退職してしまいましたが、一段落ついたのでまたこのお仕事で頑張って行こうと思い志望しました。
医療事務というお仕事で学んだ事を活かし、貴院のお役に立ちたいと思います。
よろしくお願いします。

 

 面接での注意

志望動機も前職の退職理由も、なるべく前向きなことばで表現しましょう。
決して、前職の職場の批判や人間関係がもとでやめたなどということは逆効果です。

 



続きを読む≫ 2016/12/07 21:41:07

介護職(ヘルパー)の転職の志望動機

転職を志して転職活動をスタート。
そのときに悩むのが志望動機です。
何を書いていいか分からないことが多いですね。
まずは、自分のアピールポイントを整理すること。
応募する企業の何に魅力を感じたかを明らかにしておくこと。
これらのことを予め自分で考えておきましょう。

 

経験があるなら、自分が体験したこと、良かったと思うことなどをしっかりアピールすることが大事。
出来れば具体的なエピソードを交えて説明できるようにしておきましょう。
経験が無くても、前職でのスキルの中にも共通でアピールできる部分があるはず。
そこを介護職でどういう風に利用できるかを自分なりに考えておくことが大事です。

 

自分の経験やスキルとその経験やスキルを通して得たことや、そのスキルをどうやって活かしていきたいか言葉で説明できるようにしましょう。

介護職の経験がある人の志望動機

前職で得た経験は必ずアピールしましょう。
そこで得たスキルも具体的に説明できることが大事です。
また、前向きな姿勢を相手に感じてもらえる志望動機を心掛けましょう。

 

前職でも、介護職員として勤務した経験を持っていることが強みだと思います。
比較的介護度の高い人の介護や見守りなどを経験しています。
特に重介護の人のお世話をする技術を身につけることができたのは自分の財産だと思っています。
認知症の方のお世話もチームで支援してきた経験もあり大切なスキルを得たと実感しています。
人と接することが好きなので、入居者様との触れ合いそのものにやりがいを感じまた喜び実感していました。
これまでの経験を通して、さらに自分のステップアップを含め頑張っていくつもりです。
よろしくお願いします。

 

介護職は未経験の人の志望動機

未経験で介護職を志したなら、なぜやりたいと思うようになったか具体的な例で説明できるようにしておきましょう。
また、前向きな姿勢を必ずアピールすることも大事です。

 

祖母の介護を経験したことで介護職に興味を持ちました。
また介護をサポートしてくださったヘルパーの方のやさしさが身にしみて、私も同じ介護の仕事がしたいと強く思うようになりました。
未経験ですが、人一倍の努力を惜しまず早くお仕事に慣れるように頑張ります。
今までの仕事で得た責任感や我慢強さを活かして行こうと思っています。
よろしくお願いします。

 

面接での注意

前職での不満や批判は逆効果です。
待遇面がいいからとか、給与が他よりいいなどの理由も志望動機にすることは避けましょう。

 

介護職(ヘルパー)からのステップアップ

ホームヘルパーからかステップアップする前向きな志望動機も大事です。
介護福祉士やケアマネジャーへのステップアップの道があります。
広く深く介護職をやりたいならこれらの資格取得を目指すののもいいでしょう。
現在は資格を持っていなくても、これからこれらの資格取得を目標にしているという志望動機は採用する側から見るととても前向きな志望動機である印象を持たれてお勧めです。

 



続きを読む≫ 2016/12/07 21:41:07

施工管理・現場監督の転職の志望動機

施工管理というお仕事は、工事現場で請け負った全ての工事の責任を負うお仕事で現場監督とも呼ばれます。
仕事内容は多岐に渡り、作業員の管理や工事の進捗・工程管理、また安全管理や予算管理も行います。
工事を円滑に進めることが仕事の中心です。
一言に施工管理と言っても、建築・土木・電気・管工事など様々な分野があり、扱う物件の規模や請負額で資格も問われます。

 

職人さんとのコミュニケーション力も必要です。
人を使うのがこの仕事のほとんどです。
職人さんとうまくコミュニケーションをとり、円滑に工事を行うことができる人に向いています。
未経験の人は、過去の職務経験で得たコミュニケーション能力をアピールすると良いでしょう。

 

 施工管理・現場監督が未経験の方の志望動機

未経験の人は、まずは体力面をアピールしましょう。
また、建築業界に対してある程度の覚悟もあれば話せるようにしておきます。

 

学生の頃から建築業で働きたいと思っていました。
いろんな人が協力し建物を作り上げる指揮をする施工管理という仕事に憧れを感じています。
若いうちから仕事を任される、貴社のお仕事に魅力を感じます。
やりがいがあるお仕事だと感じました。
自分の将来の夢は、現場所長として活躍することです。
生きた知識と経験を積んで少しでも早く夢に近づきたいと思います。

 

施工管理・現場監督の経験者の志望動機

分野が違うところへの転職時は、自分のこれまでのスキルが共通で使えるとアピールしましょう。
また、建築業界で働く気持ちの強さも整理しておきましょう。

 

施工管理を10年ほど経験してきました。
前職では主にゼネコンに出向しての勤務でした。
貴社の業務内容には以前から気になっていて、今回ぜひそのお仕事に就きたいと思い志望しました。
こちらの分野で、自分のスキルが役立つことと自負しています。
今回転職するにあたり建築以外の職も考えましたが、培ってきたスキルを無駄にしたくないと思い建築の分野が違うところで一から頑張るつもりです。
よろしくお願いいたします。

 

 志望動機の注意点

まずは体力が無くてはできないお仕事です。
旧態依然としたこの業界も、最近では労働条件の改善も認められますが、まだまだ全ての現場監督が良好な待遇を受けているとは限りません。
体力が無ければ出来ない仕事です。
でも工事が終わったときに味わえる満足感も大きいのが特徴です。
経験がない人にはまずは体力面と精神面が問われるのが普通なのです。
また、現場をまとめる統率力も問われます。
人とのコミュニケーション力もアピールしましょう。

 

続きを読む≫ 2016/12/06 21:41:06

歯科衛生士の転職の志望動機

歯医者さんで重要な役目を担う歯科衛生士。
転職の際の志望動機はどういったものがよいのでしょうか。
歯科衛生士は、患者さんと直接触れ合うお仕事です。
なによりも、患者さんの役に立ちたいと思う気持ちが大事です。
また、採用する歯科でのメリット、自分のメリットも盛り込むと尚効果的です。

 

歯科衛生士の経験がある人の志望動機

経験があるというところをアピールしましょう。
また前の職場での自分の評価なども盛り込むと効果的です。

 

歯科衛生士として5年ほど勤務経験があります。
仕事に関しては問題なく、患者さまからいつも感謝の言葉を頂いていました。
前職は子育てのため一旦休業しておりました。
子供を歯科医院につれていったときの歯科衛生士さんの適切な対応とやさしさに触れ、もう一度歯科衛生士として、働きたいと思いました。
子育ても落ち着き働きやすくなっとことも理由の一つです。
よろしくお願いいたします。

 

歯科衛生士の未経験の志望動機

経験がないなら、なぜ歯科衛生士を志したか、その理由を中心にしましょう。
前向きな志望動機は効果的です。
ちょっとしたエピソードも交えるとより現実味が増しますよ。

 

歯科医院に通っていた頃、そこで働いていた歯科衛生士さんの働く姿に憧れていました。
緊張している私に優しく声をかけてくれた歯科衛生士さんの優しさが忘れられませんでした。
落ち着いて治療を受けられるように心配りをしていただいた人と同じ仕事をしたいと思い今回志望いたしました。
憧れていた歯科衛生士さんのように患者さまから感謝され、喜ばれる存在になりたいと思います。
一生懸命頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 

面接での注意

どんな転職でも同じことですが、給料がいい、待遇がいいなど、自分本位の理由を志望動機にすることは避けましょう。
むしろ自分のこれからの前向きな姿勢を表現することが大事です。
また、前職をやめる際の愚痴なども避けたほうがいいですね

続きを読む≫ 2016/12/04 21:41:04

不動産業の転職の志望動機

不動産業には、賃貸業務や管理業務、また売買と多岐に渡るお仕事があります。
資格は当然宅建主任者が必要ですが、資格が無くてもお仕事は可能です。
不動産関連で面接や履歴書での志望動機の例をご紹介します。

 

不動産業の経験ありの方の志望動機

同じ不動産業からステップアップしたいという仕事に対する前向きな気持ちを表現することが大事です。
また前職で活かせる経験や知識がある場合は具体的にアピールできるよう整理しておきましょう。

 

前職では、個人のお客様を対象に不した賃貸の仲介業務を担当しておりました。
接客業務はもちろん契約書類作成までを担当しておりました。
案件数が多い時期でも丁寧に仕事ができると社内でも評価が高かったです。
今後は法人へ不動産を提案する業務をやりたく思い志望いたしました。
法人に対して、収益物件の不動産賃貸を提案できる貴社の業務に魅力と自分のステップアップを目指しています。
前職で身につけた接客スキルや不動産に対する知識を活かして、将来は不動産投資コンサルタントを目指しています。
お客様に寄り添い、より良い提案を出来るように努めるとともに貴社の売上にも貢献していくつもりです。
よろしくお願いいたします。

 

 不動産業の未経験に志望動機

どういう理由で不動産業を転職先に選んだのかを明確にしておきましょう。
また将来的に何を成し遂げたいかも説明できるようにしておきましょう。
年齢が若い場合はとにかく仕事への熱意を伝えることが大事です。
転職先企業の業務内容をしっかり理解して志望動機を作成しましょう。

 

これから不動産業界は新たな道を模索すべきだというニュースを見ました。
自分なりに、今後の市場動向に関心を持ち調べた結果将来性のある事業と感じました。
貴社では高齢者向けのリノベーション物件の開発や仲介を行っていると聞いています。
※業務内容はそれぞれの転職先に合わせましょう。
今後の不動産ニーズにマッチした業務内容と理解しております。
新規顧客開拓が中心になると思いますが、若さとフットワークの軽さを活かして営業活動を行い多くの案件を獲得できるよう頑張るつもりです。
様々な社会問題を解決できる業務内容と感じて今回志望いたしました。

 面接での注意

あくまで前向きな志望動機を持って面接に来ていると自覚しましょう。
前職をなぜ辞めたかを聞かれる場合もありますが、人間関係や給与・待遇などに問題があったなどとは決して言わないほうが懸命です

続きを読む≫ 2016/12/04 21:41:04

看護師の転職時の志望動機の例

転職の際、履歴書に書く欄で一番困るのが志望動機。
最近は面接の前に履歴書だけを送り、その後に面接という流れが一般的です。
まずは履歴書が大事になるというところがポイントです。

 

転職する看護師の良い志望動機とは

多く履歴書の中で、あなたに会いたいと思わせる志望動機を書くことが大事です。
でも別に嘘を言う必要はありませ。
ポイントは自分の意欲などが伝わる志望動機を書くことです。

 

志望動機の例

私は気配りができる性格です。看護師としてでは無く、人として気配りができる人間です。患者様の立場に立った医療サービスの提供は、現在どこの医療機関でも実践を前提としていますが、私自身も看護をする上で大切な要素として考えています。看護実習中は、患者様が発する言葉や態度はもちろん、家族の方たちからの様子から必要としていることを私なりに考え、それらに対応する行動を心がけていました。今後もこの心がけを大切にしながら看護師として必要なスキルをさらに身につけることで、貴院に貢献できる看護師を目指したいと思い今回志望させていただきました。

 

書いてはいけない志望動機

研修制度が充実していて自分のスキルアップになる。
よく見ると、スキルアップだけしたら次の転職をしそうな文面に見えてしまうことがあります。
また、給料が高いからとか待遇がいいとかといった動機も同じように捉えられがちです。
注意が必要です。

 

志望動機とは、転職者が唯一自由に書くことができる欄です。
ここだけは書き方一つで相手の心証が変わります。
重要なポイントとは

・謙虚な姿勢 

 自分勝手で利己的な動機で転職をしようとしていないか。

・具体的

 自分の経験を交えて具体的に志望動機が述べられているか。
 どこでも目にする志望動機ではないか。

・採用する側のメリット

 組織の中で働けるか、自己中心的な人ではないか、そういった目で見られないような志望動機に心がけましょう。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

営業職の転職時の志望動機

営業職は比較的異業種からも転職がしやすい職種です。
特に営業職を募集している会社は、これから伸びていく会社です。
事業拡大に伴う営業職の増員、新規分野での事業開始に伴う人員の新規採用など、他の業種のスキルも活かすことができます。
営業で大切なのは、根気よくやること、メンタルが強いこと、打たれ強いなど会社の最前線で仕事をする大切な職種です。
いわば会社の華になることが出来るのです。

 

初心者でも参入出来ると言うことは、そこで頑張ることで上に行くことも可能な実力主義の分野であるということです。
自分の頑張りがそのまま数字となって評価に繋がる。
その評価がお給料にも反映される。
これほどやる気になる職種はありません。

 

志望動機は、初心者の人、異業種よりの参入、経験者と3種類の志望動機を紹介します。

 

初心者の営業職の志望動機

何事にもチャレンジすることが大好きです。
努力が報われ収入に繋がる営業職に以前から憧れていました。
今回貴社の、努力の結果の分だけお給料に反映される歩合給の見出しを拝見しとても興味を抱き応募いたしました。
個人的には30歳までにマイホームを建築したい夢があります。
営業職が天職だと思うほど結果にこだわるつもりです。
学生時代は部活動に明け暮れておりましたが、人とのコミュニケーション能力には自信があります。
どうぞよろしくお願いします。

 

異業種より参入の志望動機

現職はSEです。さまざまなシステム開発に携わってまいりました。
しかし、エンドユーザーの顔が見える仕事ではありませんでした。
結果的に仕事のやりがいが見えなくなり、これを機会にSEの職以外に就きたいと思いました。
お客様と直接接することができる営業職に憧れています。
また、もともと人と話をすることが好きで、いままでのビジネス経験からコミュニケーションスキルには他の人に負ける気がしません。
貴社の求人を拝見し、インターネット広告などを使ってお客様が抱えてる問題を解決する提案型営業に大変魅力を感じています。
自分のスキルを活用して貴社の戦力として働きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 

営業職経験者の志望動機

職では、PC周辺機器メーカーの営業として最前線で仕事をしておりました。
この経験を活かしさらにスキルアップをしたく貴社に応募させていただきました。
前職での日々3〜4件の取引先にを周り担当者と面談し商品の案内や商談や店舗、また自社製品のメンテナンスなども行っておりました。
お客様とのコミュニケーション能力には自信があります。
たとえ状況の悪い中でも持ち前の人当たりの良さで事態を好転させてきた自信があります。
こちらの商品ははじめて扱う分野ですが知識等吸収には自信があります。
即戦力として貴社に貢献できるよう精一杯がんばるつもりです。
よろしくお願いします。

 

事前に履歴書を送る場合の志望動機

履歴書では、自由に掛けるのが志望動機の欄だけです。
送った履歴書で注目されるのもここ。
志望動機の欄で、今後の面接の要否が分かれることもあるのです。
上記の志望動機は、履歴書を持参して面接を行う場合の例になります。

 

事前に履歴書を送る場合は、欄もあまり大きくはないので簡潔に書くことが大事です。
相手が会いたくなる志望動機を書くように心掛けましょう。
ポイントは、

・具体的な動機を述べること

 営業職と言うだけで決まり切った志望動機を書いてしまうと、他の人と同じに扱われます。
 その会社のどの商品にとても惚れ込んでいて、どんなところが好きだと言うことを記入するのもアピールになります。

・謙虚な姿勢がうかがえる文章であること

 決して客観的に尊大に思われるような文章を書くのは止めましょう。
 読んだ相手が気分を害するかもしれないと言うことを常に心がけることが大事です。

・雇う会社側のメリットをあげられること

 会社の待遇や給料がいいから応募したというのは、あくまであなたのメリットです。
 そうではなく、会社があなたを雇うことで得られるメリットを提示することで相手はあなたに会いたいと思うことでしょう。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

保育士の転職の志望動機

保育士の転職の際、履歴書の志望動機は何を書けばよいのでしょうか?

 

志望動機を書く時の注意点

転職をする場合、保育士は当然前職も保育士です。
まずは転職理由を整理して、その内容と矛盾しないことに注意しましょう。
また、求められる人材がどういう人材なのか募集記事を熟読して理解することが大事です。
即戦力を求められているのに経験少ないと採用にいたる可能性が低くなります。
また、その職場でなければいけないなんらかの理由も自分なりに明確にしておくことをお勧めします。
自分の持っているスキルがその職場でどれぐらい役立つか、転職先でのメリットも考えておきましょう。

 

大事なのは前向きな転職理由があるかどうかということ。
前の職場での人間関係に問題があったなどという理由は出来るだけ避けたいものです。
接客的にキャリアアップを目指している姿勢を前面に出しましょう。

 

待遇面にひかれたという理由はありがちですが、もっといい待遇の職場がある場合、また転職されると思われがちです。
あまり待遇面中心の志望動機もできれば避けることが懸命です。

 

・自分の目指す保育士の職場を探していた

現在は多くの幼児を保育する大規模な園で勤務をしております。
仕事内容に関しては不満はありません。
やりがいも感じています。
ただ個人的には、一人一人にもっと寄り添い十分な保育がしたいという気持ちがあります。
こちらでは小規模保育を実践されていると聞いています。
家庭的な環境の中での保育を目指されている趣旨を募集広告から感じました。
こちらの職場であれば自分の希望する保育を実践することが出来るのではないかと思い応募させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

 

※当然、あなたの目指す保育とは?という質問も予想されます。
 予め整理して説明できるようにしておきましょう。

 

・通勤時間の短縮が目的

夫の仕事の関係で転居したため(またはもともと遠方の職場だったため)通勤時間が大幅に長いのに悩んでいました。
こちらの場合、自宅より30分程度で通勤することができます。
家庭も持っているため家事との両立という面でも、時間を気にせずに仕事に集中できると思い応募しました。
実は先日見学をさせていただき、こちらの職場の人間関係の良さを肌で感じております。
ぜひ長期的に働かせていただき自分のキャリアアップも含め頑張って生きたいと思います。

 

※単に通勤時間だけの短縮目的だと動機が弱いし、近いだけならどこでもいいのかという疑問がわいてしまいます。
 通勤時間も解消され、さらに転職先の雰囲気にも共感していることを伝えましょう。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

一般事務の転職の志望動機

一般事務で転職をする際、どんな志望動機を書けばいいのでしょうか。
経験のある方もない方も、今一度一般事務のお仕事内容を確認しておきましょう。

 

一般事務の仕事内容

一般事務の主な仕事は、民間の企業などで書類作成や電話の対応、来客の応対やメール応対などが仕事の中心です。
その他郵便物や宅配物の仕分けも仕事の内です。
またデータ集計などの事務作業も行います。
基本的にはデスクワークですが、言ってしまえば雑用がほとんど。
営業さんなんどの補助もあり仕事は多岐に渡ります。
裏方の仕事なのです。

 

一般事務の適性

仕事は会社のメインのお仕事の補助となるものが多く、他の人への思いやりや心遣いが出来る人に見てい向いています。
コミュニケーション能力が必要なお仕事です。

 

一般事務で要望される資格
・簿記

経理ほどの知識は必要ではありませんが、簿記の資格を持っていると有利です。
お金の動きを記録する仕事なので計算力も要求される場合があります。
履歴書にも書けますので採用されやすい要素になります。

 

・パソコン資格

資格を持っていなくてもパソコンが使えれば大丈夫です。
でも、エクセルやワードの経験値を資格で証明できれば尚ベターです。

 

採用される志望動機の例
・他の人の補助が得意

一般事務のお仕事は裏方のお仕事です。
他の人のサポート力が要求されます。
自分の長所が人のサポート力であることをアピールしましょう。

 

一緒に働く仲間が仕事をしやすいように補助する仕事が向いていると思っています。
仲間の仕事が円滑になるように素早く正確に業務を処理し効率的に働くことができます。
また、そのための業務の勉強や理解にも前向きに動くこともできます。
事務職のエキスパートとなれるよう一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

 

・一般事務未経験の志望動機

事務職の経験がない人は、その他の関連業務の経験をアピールしましょう。

 

前職は違う業界に長くいたため事務職は未経験です。
でもパソコンは長く遣っているのでエクセルやワードは普通に使えます。
コツコツ努力する作業が好きなので事務職に興味を持ちました。
努力を惜しまず、いち早く即戦力になりお役に立てるように頑張りますのでよろしくお願いします。

 

その他注意

裏方のお仕事である一般事務は、オフィスの中心的な存在です。
面接では、明るくはきはき受け答えが原則。
未経験でもパソコンスキルに自信があるなら必ずアピールしましょう。
経験者は、前職でどんな業務内容を行っていたか簡潔に説明できるように予め対策が必要です。
会社毎に求める人材が違う場合がありますが、人となりが採用を左右します。
謙虚で明るい人が求められます。

 



 

続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

薬剤師の転職の志望動機

薬剤師の転職の志望動機とは?
薬剤師として自分がどう活躍できるか、自分にどんな長所があるかをアピールすることがポイントです。
自分の薬剤師としてのの経験を転職先の職場でそう活かせるか?
将来的にどんな薬剤師になりたいか?
履歴書の志望動機や面接での答えに盛り込んでおくことが重要です。

 

接客能力のアピール

薬剤師の仕事は主に病院や調剤薬局での患者さんとの接客です。
カウンター越しでの患者さんとの対応が好きでなければいけません。
調剤や事務処理も大切ですが、お客さま商売であるのでコミュニケーション能力に自信があることは必ずアピールすべきです。

 

もともと人と接することが大好きです。
薬剤師として、患者さまと直接接することが自分の喜びでもあります。
一人一人の患者さんに信頼される薬剤師を目指して今回応募いたしました。
よろしくお願いします。

 

過去に薬剤師としての十分な経験があることをアピール

たとえ資格を持っていても、転職先ではそれ以上の実務経験が問われます。
過去の経験を整理して、今後転職先の職場でどう活かせることができるかを整理しておきましょう。
転職先であなたがどう活躍できるかのビジョンを語ることができるようにしておきましょう。

 

以前は調剤薬局で調剤や服薬指導などを行っておりました。
仕事にはやりがいを感じていたのですが、以前からの目標である病院薬剤師になることを諦められなくなり今回応募致しました。
患者さんと近い距離で、お薬や症状に対しての不安を和らげる親しみやすい薬剤師を目指して働きたいと考えております。
よろしくお願い致します。

 

今後のビジョンを持っている

長く努めて欲しいと思うのは採用する側の当然の気持ちです。
すぐに辞めてしまいそうな感じは決して表現すべきではありません。

 

私は、薬剤師として継続して調剤実務経験を積みながら自分の将来の為にマーケティングや経営についても学ぶつもりです。
人と接することが好きなので、多くの人と接することができる薬局での勤務を希望しております。
こちらはスタッフの数も多く、多くの人の仕事の状況も参考にできると考えておりまた雰囲気もいいので魅力を感じています。
薬局経営という部分も身近で勉強できると考え応募しました。

 

 転職時の注意

転職時の志望動機は、他のこととは違い自分で自由に書いたり話したりできる部分です。
逆に言えば、ここでしかあなたという人間をアピールすることができません。
自分の経験をしっかり理解したうえで、具体的にどのようなことが自分に向いているのか、どのようなことがアピールできるか事前に考えておきましょう。


続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

コールセンターのオペレーターの転職の志望動機

コールセンターのオペレーターは、企業の商品セールスやお問い合わせ対応やクレーム対応(主にこれ)などを行うお仕事です。
所属する会社の顔としてお客様と接します。
そのため電話口での対応の良さがなにより求められます。
一般的に高時給なので待遇がいいのも人気の秘密です。

 

コールセンターのオペレーターに求められる資質

長時間の電話対応なので忍耐力は必須です。
特にクレーム処理では精神的に強い人であることが求められます。
さらに前向きな人、コミュニケーション能力の高い人が望まれるのです。

 

コールセンターのオペレーター経験者の志望動機

お客様満足度の向上経験や業務効率化やコスト削減など、自分で取り組んだ実績があるならアピールすべきです。
担当業務や仕事内容などの経験も整理しておいて、質問されたら簡潔に答えられるようにしておくことが大事です。
職歴に予め書いておくと、面接時にわかりやすく喜ばれます。

 

貴社の、幅広い業務内容に魅力を感じております。
前職と同じ業界であることから、その業務の知識をいかして貢献していけると思います。
前職では自分の言葉の伝え方ひとつでお客様が受ける効果が変わることを実感しました。
仲間とそのノウハウを共有し、チーム全体の受注率向上につながった経験もあります。
貴社で採用していただけたら、さらに対応力を磨くつもりです。
お客様満足度のさらなる向上に貢献し業績アップに繋げていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

 

コールセンターのオペレーター未経験者の志望動機

未経験の人はなぜコールセンターのオペレーターという仕事を選んだのかを明確にしておきましょう。
また、身に付けたいスキルなども考えておくことが大事です。

 

働きながら会話のスキルが身につく、コールセンターのオペレーターのお仕事に魅力を感じています。
未経験でできるように研修が充実しているところも、こちらを選んだ理由の一つです。
電話を通じて相手の顔が見えない中でのコミュニケーションは大変なことも多いと思いますが、やりがいのある仕事だと思い志望しました。
人と会話をすることが好きなので、明るく誠実な対応を心がけ、お客様と信頼関係を築いていけるよう頑張るつもりです。

 

異業種からの転職の志望動機

採用担当者が注目する向上心やキャリアアップチェンジを志望動機に盛り込むことが大事です。
異業種から転職し今後身につけたいスキルを述べることが大事です。
相手に、頑張ってくれそうという可能性を感じる文面を表現しましょう。

 

販売員として接客業務を3年間勤務しておりました。
人と接することや、コミュニケーションを取る仕事にやりがいを感じています。
さらにコミュニケーション能力を磨きたいと考えこのたびコールセンターのお仕事にチャレンジしようと思いました。
長く接客の仕事に就いてまいりましたので、正しい言葉遣いで電話応対が出来ると自負しています。
こちらの職場ルールを早く身に付け即戦力となれるよう頑張りつもりです。

 

志望動機の注意点

シフト勤務で時間の融通が利きそうだからということは、結構よく志望動機にあげる人がいます。
これは採用する側から見ると、勤務体制に融通が利かない人ではないかと思われがちです。
正社員での転職の場合、事前に家庭の事情があり時間に制限があると説明を加えておくようにしましょう。
その上で、前向きに仕事に取り組みたいということをアピールするのが良いでしょう。

 

また、前職での退職理由に職場の批判をする人がいますが、文句の多い人だと思われるので止めたほうが無難です。
批判は避けて、今回応募する会社にたいして魅力を感じた部分を述べるのが懸命です。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

WEBデザイナーの転職の志望動機

WEBデザイナーの転職の際、志望動機はどのようなものがよいのでしょうか?

 

志望動機に必要な要素

なぜその会社を選んだのかを明確にしておきましょう。
会社の事業内容や対象としている分野などをあらかじめ調べておいて、いかにその分野で働きたいかということを志望動機に盛り込みましょう。
その会社のホームページや評判などは必ず調べておきましょう。

 

さらに転職してスキルアップをして、その後どういう展望(たとえば独立など)を持っているかも考えておくことが大事です。

 

WEBデザイナーの経験ありの場合の志望動機

過去にどのような経験を積んできて、なぜその企業に応募する気になったか。
また、将来はどのようになりたいのかといったことを伝えることが出来るようにしておきましょう。

 

前職では、大手の食品メーカー様のサイト制作を担当していました。
デザインだけではなく簡単なプログラムも作ることができます。
貴社に関してはWEBメディアなどで拝見しております。
技術者とデザイナーが1つになり技術力とデザイン力で問題を解決するという点にあこがれを感じていました。
今回貴社の求人広告を拝見し、自分のスキルを活かせるのではないかと思い応募いたしました。
よろしくお願いいたします。

 

WEBデザイナー未経験の場合の志望動機

なぜWEBデザイナーになりたいと思ったのかを説明する必要があります。
その上で前職でのスキルをアピールしましょう。

 

デザイナーとしての実務経験はありません。
でも昔から絵を描くことが大好きでした。
独学でIllustratorやPhotoshopを使いいろいろな作品を制作しております。
前職では営業職として商品を紹介することでお客様に喜んでいただいておりました。
営業職で培ったマーケティングスキルやコミュニケーション能力を活かし、今後はデザイナーとして自身が作成したデザインでお客様に良い商品を提供したいと考え志望しました。

 

注意する志望動機

具体性のない志望動機はすぐに相手にもわかるのでやめるのが懸命です。
前職の不満はもちろんNG。
「事業が伸びているから志望しました」もNGです。

 

具体的な志望動機、主体的な志望動機に心がけましょう。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

システムエンジニア(SE)の転職の志望動機

システムエンジニア(SE)として、自分の目指す方向と応募先の業務内容が一致していることを確認しておきましょう。
また、システムエンジニア経験者の方は、転職先で生かせると感じる自分のスキルは必ずアピールすること。
スキルは実務だけではなく、リーダーとして複数の人を指揮したりまとめたりした経験も含まれます。
自分の経験したこと、自信があることは間接的でも転職先の業務に役立つと思えば接客的にアピールしましょう。
即戦力として活躍ができる人だと理解してもらうことが大事です。

 

未経験の志望動機

何故システムエンジニアとして働きたいと考えたのか、その理由を伝えることが大事です。
多少なりともパソコンやプログラミングの知識や経験があればアピールしましょう。

 

前職では銀行関連の提案営業を○年間担当しておりました。
営業として、他の人が作った製品を売る仕事をしていました。
実際に自分でもの作りができるシステム開発をやりたいと思い、システムエンジニアを志望しました。
プログラミングは自分で趣味の範囲で独学でhtmlやphp等を学習しています。
プログラミングについての簡単な知識はあると自負しています。
システム開発業務を通じ、自身がやりたかったものづくりを行いながら、貴社の事業に貢献したいと考えております。

 

経験者の志望動機

なぜ転職をしようと思ったか明確にしておくことが大事です。
前職でのミスマッチだったポイントをしっかり伝えましょう。
さらに今回の職場は希望する業務内容で、長く働けると考えていることを伝えることが大事です。

 

パソコンが好きだったので漠然とシステムエンジニアの職業に就きたいと思っていました。
前職ではテスト業務や開発業務中心に行っていましたが、今回システム設計に参加したいと考えるようになり応募しました。
設計の仕事を多く経験する機会が少なく、自分が求める仕事の内容と違うと判断し転職を決意しました。
貴社の業務内容が私の希望と合致していると考え、今回志望しました。
 

SEの志望動機の注意

転職の志望動機は、前向きな内容にすることがお勧めです。
転職して今後どうなりたいのか、どんな仕事をしたいかなど明確にしておく必要があります。
転職理由が前職の職場の環境や人間関係によるものなどは、採用する側から見ると愚痴にしか聞こえないので注意が必要です。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

法人営業の転職の志望動機

転職するときに誰もが悩むのが志望動機です。
何を書けば良いのか分からないという人も多いのですね。
志望動機は、履歴書や面接で自分をアピールできる唯一の部分です。
自分と転職先の業務を照らし合わせて、共通なスキルがあればアピールしましょう。
また転職に対する意欲もアピールすることが大事です。

 

法人営業の経験がある人の志望動機

転職先の会社が扱う商品やサービスはしっかり理解し、前職での経験が生かせることをアピールしましょう。
営業実績や表彰等があれば、なるべく相手に伝えられるように整理しておきます。
採用担当者に採用したいと思わせるスキルをアピールすることも大事です。
スキルや実績をアピールする場合、なぜその結果になったかを明確に説明できるようにしておきましょう。

 

貴社のサービスがお客様の問題解決に直結する商品だと感じたことが志望の理由です。
前職では○○の販売をしていて、営業成績は常に上位でした。
実績が認められ、社内で表彰を受けた経験もあります。
商品の業界動向を理解し、クライアントへ有益な情報を伝えることに力を入れ、信頼を得て受注促進につなげました。
前職の商品と貴社の商品は、関連性も多く顧客も似ていると感じます。
なので即戦力として活躍できると自負しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

法人営業未経験の人の志望動機

営業以外の職種についていた経験があっても他社と交渉などを機会はあります。
それらの経験をもとに、自分のコミュニケーションスキルをアピールすることが大事です。

 

前職では総務部で働いておりました。
法人営業は未経験です。
法人営業を志望した理由は自分の対人スキルを活かして働きたいと思ったからです。
また、困っている人の課題を解決することが得意で好きだと感じているのも理由の一つです。
法人営業というお仕事は、会話の中から課題を探り出し、その会社のニーズに応えていくことが求められると考えております。
わたしが培ってきた対人スキルと課題解決能力を活かして頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。

 

面接時の注意

志望動機を述べる際、前職の職場の悪口など述べるのはNGです。
また、待遇面が良いところを転職理由にする人も多いですが、より待遇がよい企業があるとすぐにそちらに移ると思われがちなので注意が必要です。
前向きな姿勢と、転職してどういうキャリアアップをしたいかを明確に説明できるようにしておきましょう。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

医療事務の転職の志望動機

転職するときに誰もが悩むのが志望動機です。
何を書けば良いのか分からないという人も多いのですね。
志望動機は、履歴書や面接で自分をアピールできる唯一の部分です。
自分のスキルと転職先の業務を照らし合わせて、共通で役立つスキルがあればアピールしましょう。
また転職に対する意欲もアピールすることが大事です。

 

医療事務の経験者の志望動機

医療事務経験者として、なぜこの病院を志望するのかを簡潔に具体的に説明出来るようにしておきましょう。
また経験者なので、業務経験や知識はもちろんですが指導的立場になった経験なども盛り込むことができればアピールをすることが大事です。
即戦力として業務をこなすことができるところもアピールするポイントです。

 

多くの専門職の方や事務スタッフの方たちと連携して業務を行うところに仕事の魅力を感じます。
募集記事にもあった、どこでもあるスタイルではなく皆で作り上げていくサービスにやりがいも感じます。
前職でのクリニックでの業務経験がこちらでも役立つと自負しております。
また、事務スタッフのリーダーとしても人をまとめていた経験もあります。
新人の教育係も担当した経験は、こちらでも即戦力として役立つと考えております。
よろしくお願いいたします。

 

医療事務の未経験の志望動機

なぜ経験のない医療事務を志望するのかを伝えましょう。
未経験の知識不足を補うためになにかやっていればそれもアピールする材料となります。
なるべく前向きな印象を与えるようにしましょう。

 

医療事務を長く続けたいと思い志望しました。
いつの時代でも必要とされる病院という場所で、必要不可欠なお仕事である医療事務というお仕事に憧れています。
患者様と真摯に向き合う姿勢を感じてこちらの病院でお世話になりたいと思いました。
スタッフの一員として頑張りたいと思います。
医療事務の経験はありませんが、一般事務の経験はあります。
事務作業には問題ないかと思いますが、専門知識が不足していると思われるので、現在は通信講座で医療事務の資格取得のための勉強をはじめました。
早急に資格取得ができればと思っています。
よろしくお願いします。

 面接での注意

基本的に前職や前の職場の悪口は御法度です。
相手もそんなことは聞きたくありませんし、人間関係がうまくないのではと思われることもあります。
また、待遇面が良いとか、お給料が高いからという理由だと、もっと良い待遇があればそちらにまた転職するのかという懸念も生まれやすいのです。

 

前向きな志望動機を心がけましょう。
そして、やる気をアピールすること。
これが大事です。

 



続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

個人営業の転職の志望動機

個人営業の志望動機
営業職の中でも、給与が高いといわれる個人営業職。
歩合給が魅力の一つです。
自分の頑張りがお給料に反映されるのでやりがいもあります。
個人営業の志望動機は、面接担当者の目を引くことが大事。
他の人との差をつける志望動機が必要です。

 

個人営業の経験ありの人の志望動機

学校卒業後に個人宅への訪問営業を行う会社にて営業職を経験しています。
主に個人宅へ訪問してケーブルテレビの回線を案内しご入会を促すという仕事でした。
当然すぐには結果はでませんでしたが、先輩のアドバイスや自分なりの工夫である程度の成績をおさめることができました。
達成感と充実感で深いやりがいを感じました。
今回、貴社の求人を拝見し、成果主義である点や今後のステップアップも出来るということなので志望させて頂きました。
よろしくお願いいたします。

 

営業職未経験の志望動機

学生時代はずっとサッカー部に所属していました。
体力はもちろん、忍耐力、集中力、協調性などを学びました。
また人への思いやりの心も身につけたことは自分の一生の財産だと思っています。
この財産を活かす仕事がしたいと思い営業職を志望しました。
前職は接客業中心のお仕事だったので、人と接することも苦にはなりません。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 面接での注意点

志望動機を作る場合は、志望する会社の業務内容をしっかり理解しておくことが大事です。
その上で自分のスキルや経験がどういった形でその会社に役立つかアピールしましょう。
また、長く勤めてもらえるかどうかも大事なので、前向きな志望動機であることも好まれます。
待遇が良い、福利厚生がいい、大きな会社だからといった志望動機だと逆に、もっと条件の良い会社があればそちらにいってしまうと思われがちなので注意が必要です。
志望動機には、前職への不満や愚痴はなるべく言わないようにしましょう。
あくまで前向きな気持ちが大事です。

続きを読む≫ 2016/11/24 20:17:24

ホーム RSS購読 サイトマップ