転職エージェントを活用して効果的な転職活動

転職エージェントを活用しよう

転職の志望動機の例・書き方

いろんな業界や職種の転職時の志望動機の例や書き方をご紹介します。


転職の面接の場で、面接担当者が実際に不採用にした人のタイプをご紹介します。
とはいえ、自分が他人から以下の様に思われても、自分では認識出来てないこともあります。
本当のところ自分が人から見てどんな風に感じられているかをまずは知ることが大事かもしれません。

 

何が言いたいのか分からない

面接で上がってしまって、自分で何を言っているか分からなくなってしまう人が多いようです。
聞かれてもいないことを長々と話してしまう。
どうでも良いことを延々と説明してしまう。
話していないと不安になる気持ちは分かりますが、落ち着いて相手が何を聞きたがっているかしっかり認識することが大事です。
まずは落ち着くことですね。

受け身の人

主体性が無く受け身の人は話していて分かります。
たぶん採用しても、言われたこと以上の仕事は期待できそうも無いと判断します。
面接では、自分の意見や思っていることもある程度主張することも大事です。

コミュニケーション能力がなさそう

批判の言葉が多く、攻撃的で自信過剰な人はやはり採用されない傾向です。
協調性が無いと判断されたら、採用にはほど遠いですね。

自分を認識できていない

どう見ても、そんなに仕事の経験も無く見えるのに、言ってることはすごい人は結構敬遠されます。
自己分析が出来ていなく、ただ虚勢を張っているようにしか見えません。
自分がどう見られているか、客観的に見てもらうことが大事です。
でもこうゆう人って、人の意見もまじめに捉えてくれないので、こんな人なんですが。

できあがっていてのびしろが感じられない

ある程度の能力は感じられるけど、これ以上の能力アップは期待できないと判断される人がいます。
向上心が感じられない人。
現状の自分に満足している人。
現状の自分で十分人より仕事ができると安心している人。
こういう人は転職市場では人気がありません。

熱意が感じられない人

どうしても転職したいという熱意が感じられない人は、採用から遠ざかります。
別に転職したくないなら、なぜ面接に来たのかと思われてしまいます。

会社の事をあまり知らない

ホームページを見ればだいたいの企業の情報は分かります。
すこし手間をかければ、ホームページ以上の情報も手に入ります。
でもそれすらもしないで面接に来る人には、採用される資格はありません。

一貫した転職の動機が無い

履歴書に書いている内容と、面接で話している内容が違う。
その場しのぎが履歴書なのか当日話していることなのかも分からないのですが、話に一貫性と信頼が無い場合は、不採用になるケースがほとんどです。

 

これから面接に臨む人は、以上のことに十分気を付けましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

今の業界は、実は自分がやりたい仕事ではなかった。
もっとやりたい仕事が他にある。
仕事をしながら、自分自身を見つめたとき、はたしてこの仕事を退職するまで続けることができるのか?
ふと思うことがあります。
自分の可能性は、ここには無いと思うこともしばしばなら、いっそ早いうちに転職をしたほうが長い目で見ると有利かもしれません。
もっと自分に合った職業が他にあるのではと思う方は参考にしてください。

 

異業種転職を多く受け入れる職種

中途採用となると、企業は即戦力を求めるものと思いがちです。
自分自身にその業種の経験がないから、転職は難しいと考えてしまいます。
では、異業種から転職しやすい職種とはどんなところでしょうか?

 

営業職や販売・サービス職などは、労働市場の中で就業者数が多い職種です。
未経験でも採用される傾向が高いのです。
逆に、専門性の高い職種(資格などの保持者を含む)やエンジニア系、経営企画やマーケティングといった企画系、金融専門職などは門戸が狭いようです。

 

その他にも、新しい業種や新しい会社が、異職種からの転職に意欲的な傾向があります。
大手ではありませんが、インターネットの開発系やベンチャー企業なども狙い目です。
職種未経験者を比較的多く受け入れていることで判断できます。
この業界は、一般的なスキルを求める転職市場が小さいためだと考えられます。

 

今持っているスキルや経験より、仕事を進めるスピード能力や、経験の無い仕事にも挑戦できる姿勢などが評価されることが多いのです。
そのため、一般的な中途採用よりも、人間性を採用の判断基準とされる傾向があります。
潜在的な能力を問われるのです。

 

異業種転職を成功させるポイント

本当に自分がその仕事を好きかどうかしっかり自問自答しましょう。
本当に好きなら面接担当者にも熱意が伝わります。
また、その仕事をしっかりリサーチして、仕事内容を確認しておくことも大事です。
そうすれば、自分に必要な知識なども認識できます。
現職で仕事をしながらその知識を得る努力をすることも評価されるのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職の必勝法:自分を見直す

転職活動を始める前に、やるべきことがあります。
それは自分自身を見直すということです。
自分は一体どんな人間で、自分は何か出来て、自分は何をしたいのか?
自分自信をしっかり理解しておかないと、転職に失敗してしまうこともあるのです。

 

あなたの性格はどんな性格?

子供の頃を思い出して、自分がどんな風だったか思い出しましょう。
褒められたこと、人より秀でていたことをピックアップしましょう。
また人からどんな性格だといわれたことがありますか?
それに対してどう思いましたか?

 

自分の短所と長所を整理しましょう。
できれば客観的な意見も含めましょう。
怒ったり、悲しんだりといった喜怒哀楽が表に出るときはどんなときでしょうか?

 

自分の得意なことを整理しましょう

これまでの人生で、自分はこれができる、これが得意ということは何でしょうか?
過去から今まで、どんなことを積み上げてきましたか?
勉強以外で、学生時代にやっていたことは何でしょうか?
社会人になって、働いてきてどんな知識や経験を積んできましたか?
仕事上で、人に自慢できる特技はありますか?
趣味は何でしょうか?
仕事で大きな失敗をしたことはありますか。またその失敗をどう解決、またはその後に活かしましたか?

 

自分のやりたいことを整理しましょう

将来どうなりたいですか?また、10年後や20年後の将来像は描けますか?

 

上記が明確になっていないと、転職では苦労します。
何がやりたいのか、どんなことをしてこれから過ごしたいのか。
自分で、自分の希望や現状、過去も含めてしっかり整理しましょう。
そうすることで、今後どうなりたいかが転職先を選ぶ判断を明確にします。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

良い転職先の探し方

転職活動を行う上で大切なのは、良い会社に入社することです。
では、良い会社を探す方法とは何でしょうか?

 

転職をする目的を明確にする

転職活動を始めようと思ったとき、大切なのはなぜ転職するかという部分です。
単に給料をアップしたいなら、どんな風にアップすることが良いのかしっかり考えましょう。
年収がアップしても、業務が多忙で続けていくことができない仕事ならそれは間違った転職です。
自分が求める転職への希望事項をしっかり明確にしておくことが大事です。

 

企業のリサーチをしっかり行う

たとえば同じような求人があっても、その企業毎に待遇が違う場合があります。
平均的な年収ベースを提示していても、実際に入社すると思った以上に年収があがらない事が多々あります。
これは、企業リサーチをしっかりやって、求人募集の待遇面と本当の待遇をしっかり認識していないと、後々トラブルのものとになります。
ただ、こういった実際の待遇面は個人的に転職活動を行っている限りは見えてこないのが現状です。

 

転職活動は一人で行わない

転職で成功するためには、自分ももちろん相手の企業の情報をいかに正確に理解しているかが大きな鍵になります。
一人で行うことには限りがあります。
相談できる相手が必要なのはこのためです。
転職エージェントがもてはやされるのはこのためですね。
しっかりとした企業リサーチが行える。
転職先と転職者の間に立って、正確な情報のやり取りができる。
第三者に入ってもらうことで、個人的な負担も軽減できる。
実は、転職エージェントとは、相談相手としての友人のようなものです。

 

友人が確かな情報を持っていて、相談することで適切なアドバイスをもらえる。
また、人材を欲しがっている企業情報を個人的に知っている友人が転職先を紹介してくれる。
簡単に考えれば、この友人の延長のようなものが転職エージェントであるのです。

 

転職活動を客観的に評価してくれる
間違った転職をしてしまう人は、現実には多くいます。
ミスマッチな企業に転職して後悔する人も多いのです。
そういったリスクを軽減するためにも、転職エージェントや転職サイトの活用が、良い転職先の探し方といえるのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職はスカウトサービスで効率よく

転職サイトにはスカウトサービスというものがあります。
自分で求人を探して履歴書送付から面接まで。
そんなことをしなくても、登録するだけでオファーがくる。
これっていいですよね。

 

大手企業からスカウトされるかも

あなたのスキルや経験が、実は大手企業が求めているものかもしれません。
気づかない自分の評価を最大限使うには、多くの企業の目にうつるスカウトサービスでは無いでしょうか。
思わぬ高評価に驚くこともあるようです。
違う意味で自分を客観的に見てもらうのも大事なのです。

 

非公開求人や即面接もあり

特に評価されると、即面接のオファーもあります。
書類選考はWEBでのあなたの情報のみ。
即採用したいという熱意が感じられて感激する人いるようです。
また、転職サイトでは見られない非公開の求人を行っている企業からのオファーもあります。

 

キャリアを最大限に評価してくれる

転職したい気持ちというものは、現職の自分の評価が果たして正しいのかと思う事によるものも多いのです。
自分は、一体どれほの評価をしてくれるのか、改めて実感する為にもスカウトサービスは活用できます。
転職サイトの人には申し訳ないけど、客観的な評価をして欲しいなら一度体験してみるのもいいですね。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職サイトでスカウトサービスを利用するメリット

歳代のメリットは、手間がかかkらないということです。
以下のメリットがありますが、無駄な時間を費やすことがないところが最大のメリット。
時間をかけずに、最適な転職先を選ぶためにスカウトサーボスは有効です。
今や二人に一人はこれで転職を決めているというデータもあります。
転職サイトに登録して、スカウトサービスを理世するというオプションを選ぶだけ。
もちろん費用はかかりません。(一部プレミアムな優良サービスもあります)

 

書類選考がない

自分で登録したWEB履歴書などを見て、人材を求める企業が、求める経験やスキルを持っていそうだと感じた人に転職エージェントなどを介して「個別面接」の案内が届きます。
あなたの情報は予めWEB上のデータで確認しているので、書類選考が免除されます。
無駄な時間もかけることが無く、あなたをピンポイントで採用したいというところから始められます。

 

自分の出した条件で企業からオファーが来る

自分で入力して登録した情報を元に、登録した職種や勤務地などの条件がマッチした企業から求人情報や説明会の情報が届きます。個人的に探す手間が省けるのと、効率的に自分の条件にあった企業がピックアップされるので、求人情報の収集の手間が省けます。
また、あなたが登録している条件などに興味を持った企業から直接面接の案内が届くこともあります。

 

ただ求人サイトを眺めて、さてどこに履歴書を送ろうかと考えているなら、逆に自分の情報を公開して、企業から自分にオファーをもらえる転職活動という選択肢もあります。
選ぶのは自分ですよお。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職サイトからスカウトオファーで再発見

転職サイトでは、スカウトを俟つという転職スタイルもあります。
自分が主体的に行動するのではなく、自分の情報を公開して、そこに価値を見いだしてくれる企業とコンタクトを取るという転職活動です。
実は今このスタイルで転職活動を行う人が増えています。

 

転職サイトのスカウトのスタイル

自分の情報の基本的な項目を入力するだけで、企業が検索する求人希望の人のデータベースに登録できます。
こんな求人がありますよ。面接を希望しますなど、様々なオファーが流れてきます。
意外と、自分では思ってみなかった業種からのオファーもあるようで、自分の価値の再認識にもなり、また転職先の業種が広がると評判で宇s。
また、画一的な入力項目を超えて、個人的なアピールポイントを含めtた情報を公開することもでき、自分の将来像や前向きな姿勢を登録することで、共感した企業からの熱いオファーも期待できます。
あなたの熱意ある志望動機を見て、ピンポイント的に面接のオファーがあると、ある意味感動しますね。

 

自分の価値の発見

 また、企業からのオファーの量や内
自分の情報を公開することで、そこから受けるオファーを確認することで、自分の知らなかった自分自身の市場価値を発見することもあります。
一つの業界にこだわって転職活動をしていたのに、実は自分の価値は違う業界でも活用できる事をしることはとても有意義です。
自分のスキルや経験などを、しっかりアピールすることで、もしかしたら知らなかった業界えのチャレンジも出来るかもしれません。

 

とにかく登録してみよう

たとえば今すぐ転職するつもりは無くても、今後もしかしたしたら転職の可能性があるかもしれない。
そんな人でも、転職サイトへの登録だけでもしておくことをお勧めします。
自分の価値の再認識、異業種での評価など、得られることはとても重要です。
ぜひ登録だけで模しておきましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職サイトのスカウトサービスが便利なわけ

転職サイトで求人を探す以外に、スカウトサービスを利用するという方法もあります。
自分が入りたいと思う企業とは別に、企業があなたを選んでくれるのです。
自分が思っていた業界ではないところからのオファーも期待できます。
気づかない自分の価値を知ることもできるのです。

 

大手企業からスカウトされる

転職サイトでスカウトサービスを利用する企業は、ほぼ非公開の求人を持っています。
転職サイトの求人には掲載されていない求人が多く、企業側としては多くの求人を相手にすることなくピンポイントで人材を獲得できるメリットがあります。
これらの採用方法をとっているのは、ある程度大手の企業です。
自分の価値を正当に評価してくれるので転職活動もスムーズに行えます。

 

一般の求人よりスピードが速い

WEB履歴書やWEB職務経歴書などを確認した企業の採用担当者があなたにオファーを送ります。
個別に履歴書を送ることなく、いきなり面接から始めることも可能です。
欲しい人材が決まっている企業としては、一般公開されていない非公開の求人からもオファーが来ます。

 

自分のキャリアが活かせる求人に出会えます

転職者主導の転職活動ではなく、求人を出す企業が、あなたの経験やスキルをもとにオファーを送ります。
求める人材にオファーを送るので、想定していない企業からのオファーも多く含まれるのです。
転職先の業界とは別に、様々な選択肢も得られるので有意義な転職活動が行えます。
ここで大事なのは、WEB履歴書やWEB職務経歴書です。
広く企業の目に留まるように、こまめな更新も大事になります。

 

 WEB履歴書での個人情報の扱い

個人を特定する内容は、WEB履歴書では確認できません。
企業側は、あくまであなたの経験やスキルを見てオファーを送ります。
在職中でも、自分の個人情報が漏れることがないのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職エージェントに会員登録をして、あなたの情報を登録し公開しておくことで、興味がある企業がエージェントを通じてあなたにスカウトのオファーを行います。
実は、この情報公開がかなり有効です。
自分が予想もしていなかった企業からもオファーがきます。
自分のスキルや経験が別な業界で評価されるというのは、驚きですよね。
そういうこともあり、思ってた以上の転職を実現した人も多いのです。
また、転職を今すぐしようと思っていなくても、自分は転職市場でどれぐらいの評価があるのか知ることもできます。
思っていた以上に評価される人も多いので、今後の指針にもなりますね。
転職のチャンスが広がり、自分にも自信がもてます。
ぜひ転職エージェントを活用してください。

 

メリット1:匿名で利用できます

基本的には、キャリアシートと呼ばれるデータシートに個人の情報を登録します。
登録された情報は、個人を特定する情報以外が公開されます。
情報は、転職エージェントの提携機関に公開されるので、企業が直接情報を閲覧することもありません。
あなたが転職を希望しているということは、誰にも知られることがないのです。

 

メリット2:非公開求人からスカウトされる

一般的な求人媒体に載せない求人や、条件を絞った求人がスカウトのオファーの中心になります。
あなたと会いたいという企業からの求人なので、面接や採用までの時間も短縮されます。
なにより、一般の人とは違う求人というところに魅力がありますね。

 

メリット3:情報を公開するだけでいい

こちらから企業毎にオファーをすることはありません。
情報を公開するだけであとは待つのみ。
現職の仕事に影響させずに転職活動が行えます。
また、新しい求人がタイムリーにオファーとしてもらえるので楽しみでもあります。

 

転職エージェントのスカウトサービスは、このようにとても魅力的なシステムなのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

いまや転職するときに転職エージェントを利用するのは当たり前とも言われています。
企業との間を取り持ってくれたり、交渉なども任せられるので、効率的な転職活動が出来るからなのですね。
でも100%信用してはいけません。
相手も人間です。
しかも会社員です。
しっかりと自分でリードするように心掛ければ転職に成功することでしょう。
ここでは、転職エージェントを利用する上での注意点を紹介します。

 

転職エージェントのアドバイザーも会社員です

転職エージェントのアドバイザーも会社員です。
あなたにとって本当に良い会社を紹介してくれるとは限りません。
ここをしっかり理解してください。
会社員は、会社の売り上げが大事です。
利益を追求することが仕事です。
なので、売り上げアップのために、転職しやすい企業を紹介する傾向があります。
売り上げアップのためには、早期に転職させることが使命なのです。

 

転職エージェントの報酬は、企業から支払われます。
これは成功報酬です。
良い人材を紹介して、実際に採用してもらうことで企業から報酬を得ます。
あなたは商品なのです。
ここをしっかり理解してください。
言われるがままに面接に行って、よく理解していない企業に採用される。
その企業が本当に自分に合った企業かどうかしっかり見極めることが大事です。
そのため、ぜひ転職エージェントを利用する場合は、数社に登録をしておくことをお勧めします。
比較できる対象を持っておくことが大事なのです。

 

誰でも求人を紹介してくれるわけではない

あなたの転職市場に対する価値が低い場合、求人を紹介してくれない場合もある。
企業が求める求人の要件より下回る転職者の場合、求人を紹介してくれない場合があります。
誰でも採用される枠を、全ての転職エージェントが持っているわけではありません。
需要と供給のバランスもあるので一概には言えませんが、人材によってはありうることです。

 

逆に、自分では気づかなかった評価も得ることができるので、とにかくチャレンジしてみることが大事でもあります。

 

転職エージェントのカウンセラーが全員優秀ではない

やはりどんな会社でも、仕事が出来ない人が居ます。
転職エージェントも同じです。
また、個人的な相性もあります。
良くカウンセラーの資質を見極めることが大事です。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職活動を始めるとき、転職エージェントを利用することをおすすめします。
なぜなら、一般に公開されていない求人がある、履歴書などの書類が何度も使える(基本的に書類はオンラインなので)、スケジュール管理をしてくれる、相談できるというメリットがあります。
一人で転職活動をしながら並行して転職エージェントのサービスを受けていれば、さらに有意義な転職活動かできるでしょう。
ここでは、転職エージェントの利用の方法をご紹介します。

 

まずはエージェントに登録する

ここで大事なのは、1社だけに登録するのではなく、複数の転職エージェントに登録すること。
各社の得意不得意業種があったり、エージェントのカウンセラーの能力や保有する求人の数や質も違います。
数社登録しておいて、最終的に1社を利用するようにしましょう。

 

面談があります

転職エージェントのカウンセラー(各社呼び名は違う)と面談します。
事前に履歴書や職務経歴書などベースとなる自分の情報を渡したあと、面談を行います。
面談では、とにかく自分の転職に対する希望などを詳しく知ってもらうことが大事です。
それにより、カウンセラーにあなたという人間を理解してもらい、コミュニケーションをとるのです。
事前に自分の転職に対する希望を整理しておくとスムーズに進みますね。

 

1、希望はとにかく明確にしておくこと

 希望する職種、年収、勤務地などはしっかり伝えられるようにしましょう。
 また、自分が何故転職活動をしようと思ったか、カウンセラーに理解してもらうことも大事です。

2、本当のことを伝える

 カウンセラーはあなたの代わりに、企業との折衝も行ってくれます。
 伝える情報は正確な情報を伝えましょう。
 決してウソを言わないこと。

3、コンサルタントとコミュニケーションをとる

 コンサルタントといえど人間です。
 この人をやる気にさせることで転職活動の内容も大きく変ります。
 しっかりとコミュニケーションをとり、コンサルタントをやる気にさせてください。

 

その後に、企業紹介をして、面接日を決めて採用という流れになります。

 

基本的に、面談後はカウンセラーがリードしてくれます。
あなたは、企業からの求人情報をカウンセラーからもらい、面接を受けるかどうかを決めます。
企業との日程調整や折衝などもカウンセラーが基本的に代行してくれます。

 

わずらわしいことのほとんどはカウンセラーがやってくれるので、効果的な転職活動が出来るのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職サイトでスカウトサービスを提供しているところが増えました。
このスカウトサービスを利用する方法をご紹介します。

 

スカウトサービスの使い方

転職サイトに、あなたの希望条件や経験・スキルなどの情報を登録し公開しておくだけです。
あなたに興味を持った企業から直接応募のオファーが届いたり、転職サイトを経由してオファーが届きます。

 

企業から直接オファーが来る

あなたの情報を見た企業が、あなたに直接オファーを送ります。
自分で探す求人とは違った業界からもオファーが届くこともあるので転職の視野が広がります。
応募のチャンスを見逃すこともなく、効率の良い転職活動を行えます。

 

利用する企業が増えています

企業が人材を募集する場合、これまでの求人広告とは違いピンポイントで探すことで効率的な求人活動を行えます。
無駄な面接や、無駄な時間を省けるためこれからもどんどん参入してくる企業も増えています。
あなたを評価する企業がそれだけ増えるということです。

 

匿名でオファーが待てる

個人情報を公開することなくスカウトサービスを利用できます。
在職中でも、現在の会社に知られることなく転職活動が行えます。
特定の企業に情報公開をストップできるサービスもあるので安心して利用できるのです。

 特典あり

事前に情報を公開しているので、書類選考免除などの優遇が受けられます。
また、スカウト限定のオファーもあります。
人気企業や好条件の求人が期待できるのです。

 

スカウトサービスは、まだ転職を決めていない人でも自分の市場価値を確認するツールとして使うこともできます。
現在の待遇面に疑いを感じたら、とりあえず登録して求人内容を確認することも出来るのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職活動でスカウトサービスを利用している人は、2人に1人とも言われています。
スカウトサービスを利用することで、転職の成功率も上がります。
また、一般に公開されていない求人からもオファーが届くこともあり、自分の市場価値を再認識できます。
ここでは、スカウトサービスのオファーの種類をご紹介します。

 

個人的にオファーが来る

あなたの公開している履歴書や職務経歴書などをみて、企業が転職エージェントを通じて面接のオファーが着ます。
あなたの経験やスキルを評価してくれた結果です。
直接面接のオファーがくるので、書類選考が省かれることも多く、効率的な転職活動が出来ます。

 

企業が興味を引く人材にオファーが来ます

公開している条件などに見合った人に対して、オファー内容に興味を持った旨の企業からの確認が届きます。
その後、正式に企業から面接等の案内が届けられます。

 

オープンオファー

多くの公開されている転職志望者の情報の中で、企業の条件にあった人に求人情報や説明会開催のお知らせがとどきます。
興味があれば参加の申し入れを行います。

 

これまでの転職活動と言えば、個人が情報を取得し興味がある企業にその都度接触するのが普通でした。
現在ももちろん行われている転職活動ですが、待ちの転職活動も同時に行えるスカウトサービスを利用すれば、さらに効果的な転職活動が行えるのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職を志したが転職する業界や仕事内容が決まっていない人は転職エージェントを利用すべきです。
今現在、転職を考えていて、なんとなく新しい業種にチャレンジしたいと思っている人。
自分が本当にどんな業種に向いているか分からない人。
そんな人はまず転職エージェントに登録しましょう。

 

ただ転職したいだけでは失敗する

転職は、現状の仕事や待遇に不満がありそれを解消しようとする目的で行うのが一般的です。
とはえい、何ら予備知識も無くただ勤めている会社を替えるだけでは問題の解決にはならないことが多いのです。
転職して、またすぐ転職する、こういう人はこの典型です。
転職エージェントでは、多くの人の転職活動をサポートしてくれます。
様々な人の転職の経緯や失敗談をもとにあなたが転職に成功する指針も示してくれます。

 

興味ある業界はあるが仕事内容がわからない

これも個人では情報を取得するには限界があります。
転職エージェントでは、事前に面談を行いあなたの経験やスキルを洗い出し、あなたが興味がある業界での適性なども判断してくれます。
実際に、どんな業界に適正があるか、どんな業界の仕事が向いているかなど、多岐に渡り提案してくれるのです。
これにより、ミスマッチを防ぎ、正しい転職活動をリードしてくれます。

 

ただ漠然と転職活動を行っていても、転職すべき業界が決まらない人は、ぜひ転職エージェントをご活用ください。
たとえ、その転職エージェントで転職しなくても、自分の転職に対する方向性を決めるためでもいいのです。
実際、転職エージェントは無料で利用できます。
ある程度納得するところまで利用すれば、有意義で失敗の無い転職活動が出来るのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職活動を始めようと思っても、仕事が忙しくなかなか休みが取れない。
会社の雰囲気として、有給がとり辛い。
こんな状況では、転職活動もままならない人がいます。
面接や説明会などの日程が合わず、やむなく転職活動も止まってしまう。
そんな人には、転職エージェントをお勧めします。

 

スケジュール管理をしてくれる

個人で転職活動を行う場合、面接などの日程が休めない平日である場合、受けたい面接にいけないこともあります。
転職エージェントでは、そういった人のために、企業との間を取り持って、柔軟なスケジュール管理を行ってくれます。
自分の都合をエージェントに伝えておっことで、企業との日程交渉も任せられるのです。

 

外回りの営業職でも無い限り、平日の昼間に面接などは基本的に無理ですね。
そういった人と企業の人事担当者の間に入ってスケジュールを調整してくれることは、忙しいなかで転職活動を行う人には何よりのサービスです。

 

転職者の身になってサポートを行ってくれる

様々な転職者を担当しているエージェントは、多くのケースを経験しているので、転職志望者によりよい提案を行ってくれます。
スケジュール管理は当然ですが、転職に関わるカウンセリングや優良な求人の紹介なども行います。
面接対策や履歴書などの添削、また応募する企業の情報など、一人で転職活動をしていては得られないサービスも無料で利用できるのです。

 

一人で転職活動を行うことは、現在のお仕事を行いながらだと、後悔する転職活動になってしまい、結局再度転職を志すようなことにもなりかねません。
自分の転職活動を有意義に行うためにも、転職エージェントを活用することをお勧めします。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職エージェントを利用すべき人:配属希望部署が決まっている

一般的な転職活動の場合、採用が決まってから配属部署が決まることがあります。
企業の規模にもよりますが、多くの企業の採用担当者は、面接を行った上で配属先を決定することがあるからです。
いくら良い企業に採用が決まっても、釈然としないまま仕事を続けることは後々また転職をすることにもなりかねません。

 

転職エージェントはあなたの代理

転職エージェントを利用する場合、まず面談を行って、あなたの希望を聞き取ることから始めます。
あなたの希望を最大限にかなえる企業を選びます。
また、個人ではできない企業との交渉も中に入って行ってくれます。
要は、希望する部署に配属するよう交渉してくれるのです。
多くの求人応募者を相手にする場合、企業の採用担当は個人個人の希望に沿った採用活動を行うことは困難です。
転職エージェントをこれらを防ぐために、個人単位で交渉を行ってくれます。
ここが転職エージェントの強みと言えます。
あなたが聞けないこと、あなたが希望していることをしっかり企業の採用担当者に伝えてくれるのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

ほとんどの人は、面接などでうまく自分をアピールできるか不安を抱えているものです。
自分のアピールポイントが分からない。
その企業がどんな人を求めているかが分からない。
多少なりとも不安を持ちながら転職活動を行っているものです。

 

また、営業職を経験している人には、人と接することが得意なので大丈夫と思っている人もいますが、客観的な評価となると自分では分からないことも多いのです。
実際に自分がどうアピールすべきか、誰かに確認してもらうことも大切です。

 

転職エージェントに客観的に評価してもらう

転職活動と言うものは、友達や知人に相談することもあまり出来ないのが普通です。
一人で悩みながらなんとか内定を勝ち取っていきます。
でも、転職エージェントをパートナーとすれば、ほとんどの不安が解消できるのです。

 

まずは自分の客観的評価をしてもらう。

自分のスキルや経験を洗い出して、それが活用できる企業や業種を選定していく。
面接での受け答えや、アピールポイントを整理して、その企業ならどんなところを重点的にアピールすべきかアドバイスをもらう。
面接での注意点や、気をつけるところを多くの面接をサポートしてきたエージェントからアドバイスをもらう。

 

一人で出来ることはやはり限りがあります。
相談できる人がいると言うことは、有意義な転職活動を行ううえでとても大切です。
間違った転職活動して、後で後悔するよりもしっかりとしたサポートをしてくれる相談者として、転職エージェントを活用しましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

いまや、インターネットを介して求人の応募などを行うのが一般的です。
履歴書や職務経歴書もメールで送ることができます。
でも、この書類選考の時点でつまづくと面接に呼ばれないと言うことが発生します。

 

いくら書類選考といえども、何度も不採用になると落ち込みますね。
転職活動が思うように行かず、自分が思い描いている企業に転職できない人もいるのです。

 

転職エージェントでは書類作成に関するアドバイスが受けられる

実際、送る書類に不備があったり、これでは面接には呼んでもらえないという履歴書や職務経歴書を書いている人が多いのです。
転職エージェントでは、何が悪いのか、何をどう書き直せばよいのか、豊富な経験でアドバイスがもらえます。
また、転職先の企業でしっかり評価される書類の作り方も指導してくれるので、書類選考で落とされる確率も減るのです。

 

効率的に転職活動を行いたいなら、転職エージェントを活用すべきです。
書類選考の時点で、他の人に差をつけることが出来ます。
無駄な時間を使うことも無く転職活動を行いたいなら転職エージェントを活用しましょう。

 

そもそも応募する企業や職種が正しいか?

あなたが転職しようとしている企業は、あなたを必要としている企業でしょうか?
もしかしたら、企業選択から間違っていることもあります。
書類に自信が無いということは、書くべきことが書けないという理由かもしれません。
実際に客観的にあなたを評価してもらって、あなたがどんな企業への転職に向いているかを確認することも大事です。
転職エージェントは、あなたを正しく理解して、転職の方向性などもアドバイスしてくれるのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

個人で求人に応募した場合と、転職エージェントを利用した場合に何が違ってくるのか?

 

個人で複数応募した場合の日程調整が困難

個人的に求人に対して応募して面接を受ける。
もし内定が取れた場合、他の企業に対する転職活動が困難になります。
もちろん内定をもっらった企業が第一希望で、他の企業には興味がないというなら大丈夫ですが。
どうしても、他の企業でも面接を受けて自分の可能性を確かめてみたいと思うときは動きが取れなくなってしまいます。
通常内定をもらったあとは、入社の意思を確認する期間がありますが、1週間程度が一般的。
この期間で他の企業の面接を受けて内定をもらうのはかなり困難です。

 

転職エージェントを利用した場合は、対象企業を数社と絞った上で、それぞれのスケジュール管理を行います。
興味がある企業、チャレンジしてみたい企業を絞り込んで、効率よく転職活動を行えるように支援します。
無駄もなければ後悔も無いということです。

 

企業や業務の理解

求人情報などから見つけた募集に応募する場合、その企業の実際の内容をよく理解しないで採用まで進んでしまうことがあります。
本当に自分がやりたかった仕事かどうか、曖昧なままで入社してしまうことも多いのです。
転職エージェントを利用すれば、その企業の詳細な業務内容も説明してくれます。
自分の適性や希望を十分理解して、求人を紹介してくれるのでミスマッチを防ぐことができます。
後悔しない転職活動を行う上で転職エージェントの活用は大切なのです。

 

履歴書や職務経歴書の内容

個人で転職活動を行った場合、履歴書や職務経歴書は個人ベースで作成します。
転職エージェントを利用すると、これらの書類を添削してくれたり、企業にアピールできる内容にするためのアドバイスを行ってくれます。
書類選考で不採用になる確率が下がるのです。
ひとりよがりの書類では心もとなくなりますよね。
第三者に確認してもらうことで、自信の持てる書類を作ることができるのです。

 

面接を受けた後のサポート

個人的に転職活動を行った場合、面接での失敗やなぜ不採用になったかなどのフィードバックができません。
自分のどこが悪かったのかのチェックをしないまま次の面接に移ってしまうのです。
転職エージェントでは、面接後のフィードバックを欠かせません。
なぜ不採用になったか、なぜ採用になったか、今後の面接に活かせるようにフィードバックを行います。
これは、あなただけではなくほかの転職志望者を支援する場合にも必要なので、転職エージェントでは面接に対しての様々なノウハウが蓄積されるのです。
もちろん事前の模擬面接も行ってくれます。

 

言いにくいこと

個人で転職活動を行っている場合、どうしても受身になりがちです。
希望給与や配属先、配属地域など、予め転職エージェントに伝えておくことで交渉もしてくれます。
全ての希望が叶うわけではありませんが、交渉事を代行してくれるのです。

 

転職エージェントを活用することで、これらのメリットがあるのです。

 

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

一口に転職エージェントと言っても、特長はさまざまです。
大きく分けて2つのタイプの転職エージェントがあります。
総合型の転職エージェントと特化型の転職エージェントです。
どちらも同じ転職エージェントです。
ここでは、転職エージェントの正しい選び方を紹介します。

 

総合型の転職エージェント

特に業界に限らず、さまざまな業種の求人を扱います。
案件も多数抱えており、どんな業種の求人も紹介してくれるのが特徴です。
今あなたが転職をしようとする業種以外でも、適性があっていれば異業種でも求人の紹介をしてくれるのが特徴です。
但し、それぞれの業界に対しての知識はやはり特化型の転職エージェントには劣る傾向があります。
若年層の転職にはこちらがお勧めです。
また、異業種でも自分の可能性を知りたい人にも向いている転職エージェントです。

 

特化型の転職エージェント

外資系企業に強いところ、アパレルに強いところ、エグゼクティブに強いところ、飲食系に特化しているところなど、業種を絞って転職をサポートしてくれます。
特に、アドバイザーがその業種のことを熟知している人が多く、知識が豊富なところが特徴です。
その業界ならではの面接対策や支援が充実しています。

 

業界を絞っているため、大手企業より中小企業の求人が多い傾向です。
やはり総合型に比べて抱えている求人は少ないのが一般的です。
求人が少ないため、場合によっては抱えている求人を勧められることもあります。(要注意)
やはり総合型と比べて扱う求人に満足しないことも多いのです。

 

一見総合型のほうが良さそうに見えてしまうのは仕方がありません。
ただし、その業界で効率的に転職活動を行いたいと思うなら、ぜひ特化型の転職エージェントもリ言うしてみることが大事です。
転職エージェントは、一つだけを決めて利用するより、複数登録して比較してみることをお勧めします。
アドバイザーとの適性もあるので、なんどか接触しながら信頼できるところを選ぶようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職の面接などで、退職理由の理由を聞かれることがほとんどです。
面接担当者は、なぜ退職理由を聞くのか、退職理由をどう捉えるのか知っておくことが大事です。
不用意な言葉や、熟慮した退職理由をしっかり自分で説明できるようにしておきましょう。

 

面接担当者が納得する退職理由か?

面接担当者として納得できる退職理由である必要があります。
客観的に判断して筋が通っているか、ひとりよがりな理由でないか、努力すれば改善できないか?
こんなポイントであなたの退職理由を評価します。

 

筋が通った退職理由ならだれが聞いても納得します。
自分の主体的な理由ではなく、他社の責任を殊更重要な要因として退職理由に挙げることは避けましょう。
また、本人が改善することで退職理由が解消できそうなものもNGです。

 

自分でしっかりとした退職理由だと思っていても、客観的に見ると評価されないもの、納得できないものは退職理由として述べることは避けましょう。

 

改善できることではないか?

個人的に何も努力しないで、不満だけを退職理由にすることはひとりよがりな退職理由として評価は低いです。
何らかの努力を続けてきたけれど、結果的に無理だったなど、具体的に改善を行った結果であれば面接担当者を納得させることもできます。

 

転職先でも同じ退職理由で辞めないか

不満中心の退職理由だと、転職後も同じ不満を抱えてすぐに退職してしまうようなものは避けましょう。
待遇に不満がある、やりたい仕事ができないなど、だれでも何かしら不満は持っています。
だれでも持っている不満を退職理由の大きな部分としてあげてしまうと、薄っぺらい人間像として感じられます。
ネガティブな退職理由は、評価されにくいと知っておきましょう。

 

ネガティブな退職理由をポジティブに変化させる

給与が安い、休みが少ない、残業が多い、やりたい仕事が出来ない。
ならば、転職してその不満をどう解決したいと思っているかを考えましょう。
不満を不満としてだけで述べないように気をつけることです。
将来のステージを目指して、具体的な努力目標などを挙げて退職理由とすることが大事です。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職の志望動機は転職エージェントで

転職の際、悩むのが志望動機。
自分で考えながらも、採用担当者にうまくアピールできているか不安になります。
そんなときは転職エージェントに相談するのがお勧めです。
実際に自分がどんなスキルを持っているか気づかせてくれたり、NGワードなどのチェックもしてくれます。
実際費用はかかりません。
彼らは、採用先から報酬をもらうのです。
転職エージェントで相談する内容などを予め整理しておいて万全な体制で面接に臨みましょう。

 

転職の準備:応募先企業の調査

志望する企業の業界について、最低限の知識は必要です。
同じ業界で転職するにしても、しっかりとしたリサーチはやるべきです。
異業種なら尚のこと、業界本をしらべたり、ホームページで企業情報を知っておくことは大事です。
関連するライバル会社の情報も同時に調べておきましょう。
転職する企業の業界内でのポジションも知っているといいでしょう。
意外と他の転職志望者は知らないことが多いのです。

 

あなたが言うことに面接担当者はさらに掘り下げて質問をすることもあります。
志望動機につながる企業情報は、これらの質問に答えるための知識として押さえておきましょう。
転職先の会社の特徴や理念などに共感したなどとよくある志望動機で終わろうとする人もいますが、なぜその特徴からその企業を志望したかを明確に具体的に述べることができるようにしておきましょう。

 

ここが他の人に差をつけるポイントです。
また、採用されるかどうかもここで決まることが多いのです。

 

志望動機を述べる際に注意することは、自分の言葉で、自分の体験や思いからつながる言葉にしましょう。
客観的に、「業界で大手だから」「給与が高そうだから」「働きやすそうだから」ではなく、自分としてこう思ったから志望したという話し方が好印象です。

 

志望動機になる材料を整理する

転職者に求められるのは基本的に即戦力になるかどうかです。
異業種からの転職でも、社会的な教育を受けていることが前提なので、入社後の活躍が期待されています。
なので、自分の能力を最大限にアピールすることが大事です。
これまでの仕事の経験で得たスキルや能力を整理して自分の強みを明確にしておきましょう。
そのスキルは、転職先の企業でどう活かせるのかを考え、志望動機に盛り込むことで採用への道が開かれます。

 

なりたい将来像をイメージする

将来の夢や今後なりた地位などを明確にして、それを志望動機に盛り込むことも大事です。
資格を取る、人を管理する側につきたい。
職種によっていろいろあると思いますが、前向きな姿勢を強調することで向上心がある人だと印象つけることができます。
それが目的なので頑張るという前向きな志望動機は効果的です。

 

自分の長所を整理しておく

自分の長所はしっかり把握しておきましょう。
多少オーバー気味でも大丈夫です。
人間性、資格、経験、それらが転職先でどう活かせるか分析しておくことが大事です。
志望動機と自己アピールは同じことになります。
異業種でも、人間性がその仕事に向いていると思ったら迷わずアピールしましょう。

 

やりたい仕事が見つからない。
でもとりあえず仕事に就きたい。
そんな人は上記のような流れで志望動機を作りましょう。

 

さらに転職エージェントは、これらのことを実際に手伝ってくれます。
出来れば迷わず相談してみることをお勧めします。
そのほうが、時間も短縮できて転職活動に専念できるからです。

 

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

転職エージェントの活用のデメリット

転職エージェントを活用することは転職志望者にとってメリットが豊富です。
でも、デメリットもあることを知っておきましょう。

 

転職エージェントは採用させるのが目的

転職エージェントは採用させることで報酬を得ます。
採用させるため、ある程度の情報の操作も行うことがあります。
不採用が続いたとき、あたの情報を多少なりとも操作して、採用されやすくすることもあるのです。
転職で企業ランクを上げることはほぼありません。
データで振り分けられるので、自分が思っていたほどの企業数がないこともあるのです。

 

無料とはいえ、あくまで転職エージェントも商売です。
活用する側も、そのことをしっかり理解しておく必要があります。

 

転職エージェントにより得意な業界がある

転職エージェントも全ての業界に精通しているわけではありません。
それぞれ得意な分野の業界があります。
これにより、応募する企業の室や大きさにばらつきがあることもあるのです。
もちろんこれは話し合うことで解決したり多くのエージェントを活用することで解消できます。
自分に合った転職エージェントに出会うことも大事なのです。

 

デメリットもある程度理解した上で、最適な転職を行いましょう。

 

デメリットの解消法

転職エージェントは複数に登録して、自分にあったところを活用しましょう。
デメリットがあるからと言って、転職エージェントには強みもあるのです。
転職先の企業とのつながりは、他と比べて各段に違います。
これは転職エージェントを利用してみるとわかることです。
一人で悩んでいるより、転職エージェントを積極的な活用することをお勧めします。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

転職する際、志望動機に悩んだら転職エージェント

転職を思い立ったら、まずは転職エージェントに登録することをお勧めします。
そのメリットとは?

転職活動先

転職する際、どこで転職先を探しますか?
ハローワークや求人紙、求人サイト
転職エージェント
ヘッドハンティング
友人の紹介
概ねこのあたりで活動をすると思います。
また、これらを並行して転職活動をするのが一般的ですね。
この中で転職エージェントを利用するという方は、まだまだ少ないようです。
実際にどんなメリットがあるか知ってください。

 転職エージェントのメリット

非公開の求人が確認できる
だれでも情報が得られる求人媒体やハローワークなどは公開求人です。
なので、求人情報を自分自身で読み解き最適であろう求人を自分で探します。
ハローワークでは、これらの求人に対して一定のアドバイスなどももらえますが十分ではありません。
転職エージェントでは、ある一定の条件にあった人を採用する目的の「非公開求人」を多く持っています。
個人の職歴やスキルなどによっては、自分が思っている以上の大手企業の求人もある可能性があります。
それらを確認するだけでも相当のメリットがあるのです。
また、個人のスキルや経験を個人で客観的に評価することはできません。
自分の経験やスキルが評価されるかを確認するのも大事なのです。

 

履歴書などの情報を使いまわせる

履歴書や職務経歴書の作成は応募する会社毎に作成するのは大変です。
転職エージェントに登録しておけば、一度作成したデータを再度使えることがあります。
データの管理も楽なのです。

 

スケジュール管理が楽

転職活動は、基本的に働きながら行うのが一般的。
そのなかで面接などのスケジュールを転職エージェントに任せておけば、自分の都合がいいように管理できます。
アポ取りなども任せることが出来るので負担が軽減されるのです。
企業との日程調整なども、担当の転職エージェントに任せられるので手間も省けます。

 

相談できる

これが一番大きいメリットです。
転職活動は、一人で行う地道な作業です。
悩みや心配事を相談できる転職エージェントはなによりの心のよりどころになります。
不採用が続いたとき、心が折れそうになる自分を支えてくれることもあるのです。

 

だれかに相談できるということは、心強いものなのです。

 

転職エージェントのメリットのまとめ

常に相談できる人がいることで、時として転職する気持ちが萎えてしまうことがあります。
そんなときにこそ、相談できる転職エージェントは大事なパートナーとして存在してくれます。
よりよい求人を探す、安心して転職活動ができる。
そういうメリットがある転職エージェントを活用しましょう。
とくにお金もかかりません。
転職エージェントの報酬は、採用先の企業から支払われます。
よりよい採用ができることでお互いがメリットを共有できるのです。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

30歳代、40歳代の転職は転職エージェントを活用する

ミドルの転職には転職エージェントを活用することをお勧めします。
特に30歳代、40歳代にもなると、日頃の業務を行いながらの転職活動になります。
効率的に無駄を省く転職活動は一人で行うのは無理があります。
ぜひ転職エージェントを活用しましょう。

 

転職エージェントの業務

一般的な転職サイトなどでは、求人の紹介だけを行っているのがほとんどです。
転職エージェントは、これらに加えて業界の動向の調査や求職者の経験や希望を踏まえた上での転職アドバイスを行います。
また、個人ではなかなかかけない職務経歴書の添削やアドバイスも行います。
忙しい人には特に助かるのが、面接日程の調整や面接対策の実施も行います。
さらに、給与や待遇の条件交渉また、前職を退職する場合の交渉のアドバイスも行います。
これらが全て無料で利用できるのも特徴です。

 

無料で利用できるわけ

転職エージェントの業務の報酬は、採用した企業からもらいます。
転職志望者は、一切金銭を支払うことはありません。
余談ですが、報酬を企業からもらう都合上、エージェントは補修額の高いところを紹介してしまうのが弊害となることもあります。

 

転職エージェントを利用するメリット

非公開の求人を紹介してもらえることがあります。
企業と密接につながっている転職エージェントでは、直接求人募集を担うことがあります。
効率的に人材を採用したい、短期間での採用を求める企業が多いためです。
特に、管理職・専門職の非公開求人が多いのが特徴です。

 

ミスマッチを防ぐ

一般的な求人媒体では、どうしてもミスマッチな転職志望者までも選考に加わることがあります。
採用担当者の負担軽減も含めて選考の通過率をアップさせるためにも転職エージェントの利用が増えているのはこのためです。
専任のエージェントがコンサルトを担当するので無駄のない転職活動が行えるのです。
また、転職先の企業もエージェントが行ってくれるため、個人で多くの企業の中から選択する手間が省けるのです。
企業と密接につながっている転職エージェントは、転職先に企業の良い点や課題点などの内部情報にも詳しくミスマッチを防ぐ利点があります。

 

書類や面接のアドバイスも受けられる

履歴書や職務経歴書などの書類に対するアドバイスも受けることが出来ます。
また、転職先の企業にマッチした面接時のアドバイスも受けられます。
一人で転職活動を行うより、精度の高い転職活動が出来るのです。

 

面接後のフォローも

面接でのフィードバックもエージェントが責任を持って行います。
また採用後の給与や待遇面に関する条件交渉に関しても、エージェントを介して行うことができます。
内定後から入社まで安心して任せることができるのです。

 

転職エージェントの選び方

2種類あります。
多くの業界を担当する総合型の転職エージェントと、一つの業界のみを担当する専門型に分かれます。
総合型は大手、専門型は中小の転職エージェントです。
専門型は、特定の業種に関してのつながりや専門的なアドバイスが受けられるのが特徴です。
特に専門型は、綿密できめ細かいサービスを行ってくれるところが多いのが特徴です。
どちらも無料で利用できるので、総合型と専門型での複数の登録を行って、自分に合ったところで転職活動を行いましょう。

 

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

電話相談もできる転職エージェントの比較・お勧め 

転職の際、強い見方になってくれるのが転職エージェント。
電話でも相談できて一人一人に最適な転職の提案やアドバイスを行ってくれるので、初めての転職者には安心です。
様々な会社があり、一体どこにお願いしていいか分からないという人も多いのでは?
ここでは、転職エージェントを比較しながら最適なところをご紹介します。

 

 パソナキャリア

概要

元は、人材派遣会社ですが、企業との結びつきが強く他では見ない求人が豊富です。
求人数は3万件以上、さらにそのうち非公開求人が2万件以上です。
一般的なメディアではなく、コアな求人や人それぞれの求人のニーズに合わせた求人を紹介してくれます。
年収アップ率も高く、アドバイザーのきめ細かいサポートも評判です。

 

強み

パソナキャリアの特徴は、正社員としての転職に強いところ。
転職志望者への丁寧なサポートが評判をよび登録者数もうなぎのぼりです。
専任のアドバイザーが付いてくれるので様々なサポートを期待できるのも強みです。

 

転職先は、幅広い業界や職種の求人を取り扱っています。
特にIT系・企画・マーケティング職や営業職、メーカー職などに強いといわれています。
オフィスワーク系の求人が充実しているのが特徴です。
注目すべきは、非公開求人の多さ。
なんと求人全体の80%ほどを占めています。
一般的な求人メディアではお目にかかれない独自の求人を見付けることができるのです。

 

専任アドバイザー

パソナキャリアの専任アドバイザーは能力に高い人が多いのも特徴。
応募書類の書き方からはじめて、模擬面接までをサポートしてくれます。
転職先の企業の社風や業務内容等の情報収集も充実していて、それらを元に転職志望者の年収交渉などでもサポートを受けることが可能です。
過去に利用した転職志望者の満足度の高さに定評があるのはこのためです。
求人数・得意分野・アドバイザーの質が他の転職エージェントと比べてバランスがよいとの評判です。
特に、初めて転職活動を始める転職初心者にお勧めの転職エージェントです。
また、幅広く業界を選びたい人にも、断然お勧めの転職エージェントなのです。

 

パソナキャリアはこちらから

 

 

 リクルートエージェント
概要

圧倒的な求人数と転職成功実績が人気の転職エージェントです。
求人数は、16万件以上、そのうち非公開求人は13万件以上です。
特に、医薬系や製薬系、IT業界や電気系・機械系などに強いとされています。
アドバイザーの層が厚も暑くベテランアドバイザーが多いのも特徴です。

 

特徴

名前の通り、リクルートが運営する転職エージェントです。
業界でも最王手になります。
取引企業は年間1万3,000社以上。
求人数の規模や職種の幅広さに定評があることで有名です。
転職実績や顧客満足度が常に上位に上がっています。

 

業界最大手であるが故、企業とのコネクションが強いことが有名です。
約35年の歴史があり、豊富な転職エージェントとしてのノウハウも特筆されます。
リクルートグループとして、リクナビネクストなどの求人サイトも持ち、老舗企業や大企業からのオファーも多いのが特徴です。
ほぼ全ての職種や業界をカバーしています。

 

転職者をサポートするアドバイザーは、業種ごとに専門の担当が配置されています。
アドバイザー自身の能力アップも行っており安心です。
長く転職をサポートしているベテランのアドバイザーが多いのも特徴の一つです。
パソナキャリアとともにお勧めの転職エージェントです。

 

リクルートエージェントならこちら

 

その他

転職エージェントには、業界を限ったサービスを提供しているところもあります。
自分の転職業種が決まっている、資格を使った転職など、個々にサービスを展開している転職エージェントもあるので、該当する方はそちらも同時に登録しておくことが良いでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

転職エージェントを使い倒す方法・流れ

転職活動を一人でやっていませんか?
それは間違いです。
現在では、転職活動を行うときはエージェントを利用したほうが効率的です。
就業しながらの転職活動はとても大変です。
一生を左右するかもしれない転職活動は、客観的な立場で指導してくれたり、相談できる相手がいたほうが安心です。
また、自分の知らない可能性にも気づかせてくれることもあります。
基本的に無料で利用できることと、一般の媒体に出ていない求人も紹介してくれます。
手続きも簡単なので是非利用することをお勧めします。
以下に転職エージェントを利用する流れをご紹介します。

 

1、転職エージェントに登録

気になる転職エージェントのホームページにアクセスする。
自分の情報を登録する。
希望年収、希望職種を入力する。
ここで大事なのは、ウソをつかない事。
個人情報を相手に与えるので少し躊躇する人がいますが、正直に伝えることが大事です。

 

2、転職エージェントと面談

転職エージェントの担当者と面談します。
ホームページから入力した情報以外の必要な情報を伝えます。
これからお世話になるエージェントと合い、自分との相性も確認しておくことが大事です。
相手も人間です。
自分の熱意を伝え、担当エージェントにやる気を持たせることも大事です。
仲良くなっておくことで優遇されることもあります。
担当者と相性が合わない場合は、エージェントを変えるか、他の転職エージェントとも会って見る事です。
ほとんどの人は複数の転職エージェントに登録して、その中でチョイスしていくようです。

 

3、転職先の選考

エージェントが、あなたに合った企業の紹介を受けます。
エージェントと、気になる企業との面接日などを打合せします。
事前にエージェントと、面接の対策を行います。
面接後に、エージェントと面接の結果を評価し、そこで決めるかまたは他の企業に応募するか検討します。
給与などの待遇面に関しては、最終面接で行います。
エージェントに相談しながら進めていきます。
面接前から採用まで、転職エージェントに任せていられるので、仕事をしながら効率的に転職活動が行えます。

 

4、内定をもらう

ここでも、ただあなたが内定をもらうだけではなくて、こちらの行動ややり取りに関しても指導を受けられます。
エージェントに従って、より良い条件を引き出しましょう。

 

転職エージェントを利用するということは、転職に関わる手続きをお任せできるということです。
また、あなたがより良い条件で転職できるように様々なアドバイスを行ってくれます。
一人でいろんなことを調べたり悩んだりすることがないようにリードしてくれるのです。
あなたが決めるのは、最終的に内定をもらった企業を選ぶかどうかというところだけになります。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

企業が転職エージェントを利用するわけ

一般的な媒体で求人を募集するとは別に、転職エージェントを利用する企業が増えています。
そのわけとは何でしょうか。

 

転職エージェントと一般的な求人募集の違い

一般的な求人募集は、ネットや求人誌などに募集記事を出して求人を待つ手順です。
ここにはいろいろ問題があります。
まず、募集してくる人の能力にばらつきがあるということです。
誰でも目にすることができる求人広告なので、基本的に誰でも応募できます。
まったく採用する対象でない人も含めて、募集してきた人を選別する手間が出ます。
逆に、募集がなくても広告費は支払うことになります。
効果が出ていないのに費用がかかるわけです。
また、募集する人に対して、細かく条件を設定できません。
年齢、性別、必要とされるスキルなどは、指定できないのが現状です。

 

転職エージェントの場合は、ピンポイントで求人を行うことができます。
予め転職エージェント側で転職志望者が、企業が求める人であるか精査した上で企業と結びつけます。
ロスが少ないのが企業にとっても助かる部分になります。

 

転職エージェントは成果報酬

一般的な求人媒体は、ハローワークを除き広告料が発生します。
それに比べて、転職エージェントは成果報酬です。
望む求人を採用するまで、報酬は発生しないのです。
来るか来ないか分からない求人募集を出すよりは、スピードも含めて転職エージェントを利用する傾向にあります。


 

企業のメリット

転職エージェントに求人を出す場合、基本的に非公開求人となります。
一般的な求人には出ない募集です。
転職エージェントに登録しないとこの非公開求人を知ることができません。
ピンポイントで募集ができ、企業側の事務手続きが簡略されます。
また、転職エージェント側では、企業が求める人材を精査してくれるので、無駄の内募集活動が行えるのです。

 

特に、即採用を求める企業では、転職エージェントを利用するケースが増えています。
また利用者側も無駄な転職活動をする必要がないため、これからも転職エージェントを利用する人が増えていくでしょう。
どちらもWINWINな状況で、転職活動と求人活動が出来るからです。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

転職エージェントとの面談のポイント

転職エージェントに登録すると面談を行います。
これは、あなたの情報をもっと詳しく知る必要があるからです。
より良い転職を求めるなら、この面談を有効に活用することをお勧めします。
今後お世話になる転職エージェントにしっかりと自分の情報を伝え、自分の思い描く転職をしましょう。
面談で大切なことをご紹介します。

 

転職目的を明確にする

ただ転職をしたいから転職エージェントに登録したというだけでは、エージェントも活動できません。
自分の転職に対する考えをしっかりまとめておいて整理しておくことが大事です。
ある程度の転職の方向性を決めて起きましょう。
希望する企業はあるか、どんな業界で転職したいかなど、明確にしておくことが大事です。

 

とはいえ、それほどしっかりと目的を持っている人もあまりないのが事実です。
面談の際、自分の考えを整理するために情報をもらうことも可能です。
また、自分が希望する業界に実際に転職できるかどうかを確認する場として面談を受けることも出来ます。
さらに、実際の求人がどんなものがあるかを確認することも出来ます。
まずは相談からというスタートも可能なのです。

 

面談では正直な情報を伝える

人には理由があり、たとえ転職をお手伝いしてもらう転職エージェントといえども伝えたくない情報はあります。
後々分かってしまう情報は、しっかり面談の場で伝えることが大事です。
お互い信用して転職活動を行うわけですから、ウソを言うことは避けたほうが良いでしょう。

 

エージェントとコミュニケーションをとる

転職エージェントも人間です。
仲良くなることで、やる気も出ます。
いくら転職エージェントの報酬が、採用先の企業から支払われるといっても、そもそも人間対人間のお付き合いは大事です。
お互い気心が知れば、エージェントも力を入れてくれます。
熱意を伝え、相手に理解してもらうことで手厚い扱いを受けることができるので、対応には気をつけましょう。

 

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

転職エージェントを利用する上での注意

転職活動を無駄なく行うことができる転職エージェントの活用。
でも、ただ利用する前に注意点を整理しておきましょう。

 

複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントのコンサルタントは多くの案件を扱いながら作業を進めます。
全てのコンサルタントが有能というわけではありません。
また、あなたとの相性もあります。
一つの転職エージェントを利用しないで、複数の転職エージェントに登録することをお勧めします。
その中で、自分と相性が良く、経験豊富なコンサルタントを見付けることが大事です。


 

コンサルタントのペースに乗らない

転職エージェントは、企業から報酬をもらいます。
成果報酬となり、あなたが採用されると報酬が発生するのです。
時として、採用を急ぐあまり性急な決定を求められる場合があります。
売り上げを上げるためには、とりあえず採用させることが転職エージェントの宿命だからです。

 

でも、入社するかどうかの決定は後悔しないように熟慮しましょう。
無難に採用される企業を紹介されている場合もあります。
成果報酬なので、勧められている内定が必ずしもあなたにマッチした企業でない場合があるからです。

 

異業種への転職は転職エージェント以外も

転職エージェントでは、基本的にデータ中心にまずは紹介する企業を選別します。
特に、異業種への転職の場合は一般的なデータに基づいて企業紹介を行います。
経験やスキルがないなら、この程度。
年収や待遇にあまり魅力がない企業を紹介されることも多いのです。
そのため、異業種への転職の場合は、一般的な転職媒体も視野にいれて転職活動を行いましょう。

続きを読む≫ 2016/12/19 20:49:19

ホーム RSS購読 サイトマップ