転職の志望動機の書き方や面接での注意点、受かる履歴書の志望動機をお教えします。

転職の志望動機の書き方や例

転職の志望動機は大事な採用の要素です

転職の際、履歴書の中で唯一自分の思うところが表現できるのが志望動機です。

 

このサイトでは、転職の際にどんな志望動機を用意するべきかお教えします。
ただ、そのまま利用することは避けてください。
志望動機というものは人それぞれ違います。
同じようなことを言えば、面接を受け持つ人には、「また、聞いたことがある志望動機だな」と思われてしまいます。
あくまでも、自分の言葉で、自分の気持ちで志望動機を用意しておきましょう。

 

志望動機は、履歴書には書く欄が限られているので簡潔に。
面接で聞かれる場合は、自分の言葉で多少しどろもどろでも相手に伝える熱意を持ちましょう。
転職の面接で、理路整然と話せる人はあまりいません。
むしろ、うまく話せないもどかしさを抱えながらが普通です。

 

うまく出来る人はいないので、なるべく落ち着いて!

 

志望動機の作り方の動画を紹介します。


転職の前に円満退社を心掛ける

転職すれば現在の会社との繋がりもすべてなくなるといって、いい加減な辞め方はお勧めしません。
プライベートでのおつきあいや、ビジネスでの接点なども考えると、あまりいい加減な辞め方は不利です。
円滑な引き継ぎも大切なので、円満退社を心がけましょう。

 

1ヶ月前には退職の申し入れ

基本的には1ヶ月前には退職の申し入れをします。
業務の引き継ぎなども含めるとこのぐらい前に申し入れを行うようにしましょう。
あまり急だと事務手続きも急がせるため、事務員さんに負担を掛けてしまいます。
なにより、退職の申し入れは次の転職先が決まってからにしましょう。
転職先も決まらないのに、辞める日を決めることは懸命ではありません。
また、引き留めされることもありますが、そこでもし現職に留まっても、「辞めようとした人」のレッテルは剥がすことはできません。
そうならないためにも、退路を断つ意味で次の転職先の内定をもらってから意思表示をするべきなんです。

 

誰にも言わない

上司や同僚には、転職先が決定しない限り転職の意思を知らせるのはやめましょう。
また取引先にも、会社に先走って退職することを伝えるのは御法度です。
全てが決まって、転職先の入社日が決定してから会社関係の人に伝えるようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

資格を持っていれば転職しやすい理由

転職に際し、志望動機の書き方や例、面接担当者にいかに気に入られるかの方法などを悩まなくてもよい場合があります。
それは、その資格が無ければ就業できない業種です。

 

業務独占資格

業務独占資格とは、安全や衛生の確保や取引の適正化などを実現するあめに、国などが一定の業務に従事するうえで必要とされる専門的知識、経験、技能などに関する基準を満たしていると判定した者について、当該業務への従事、法令で定める管理監督者への就任などを認めるものです。(ウィキペディアより)

 

業務独占資格とは?

司法書士、弁護士、医師 、税理士、土地家屋調査士など。
行政書士、弁理士、公認会計士、不動産鑑定士、社会保険労務士など。
建築士、薬剤師など。

 

たとえば、不動産業であれば宅地建物取引士。
これがないと契約の際の重要事項説明ができません。
業務独占資格とよばれるこれらの資格を持っているだけで転職では相当有利になります。
ほぼ国家資格です。

 

業務独占資格を持って居れば仕事にあぶれることはない。
だからみんなこれらの国家資格を取得したがるのです。
その資格が無いと、業務ができない。
これは企業としては致命的です。
求人を募集する際に、かならずこの資格の条件を提示する必要があります。
この資格を持っている人は、その募集内容を見て応募するのです。
経験やスキルも当然採用の要件になりますが、ほとんどの場合人柄が良ければ採用されます。

 

企業がほしがっているのは、その人ではなくその人が持って居る資格であるからなんです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

アルバイトから正社員に転職する際の志望動機

フリーアルバイターから正社員への転職。
面接担当者は、あなたがアルバイトとしてどれぐらい責任をもって仕事をしてきたかどうかに注目しています。
特にアルバイト先の正社員と比べてどれぐらいの業務を行っていたのかを知りたいと思っています。
アルバイトしかやったことが無くても正社員とおなじような仕事をしていたのなら、しっかりアピールすることが大事です。

 

先入観を持って面接に行かない

アルバイト経験が無いと、自分として就職は不利だと思い込まないこと。
面接担当者は、あなたが企業の業務をしっかり出来るかどうかを判断したいと思っています。
最初から不利だと思い込むと態度から自信がなくなります。
それだけで、面接担当者の印象を悪くしてしまうこともあります。
アルバイトしかしていなくても、しっかりとした自信を持った態度で面接を受けましょう。

 

待遇のハードルは下げておく

面接の時から休日出勤や残業に対してあまり過剰に拒否することは避けましょう。
決して間違った要求ではないのですが、強行に主張すぎると採用が遠のきます。
ブラック企業でなくても、ある程度の残業や休日出勤も覚悟は必要です。

 

まずは企業に貢献したいという気持ちを伝える

アルバイトから正社員に転職する場合に、自分の待遇麺の充実に執心してしまうことがあります。
でもこれでは、採用する側のメリットに何ら気を回していない証拠です。
面接では、まずは企業に入って自分が活躍したいという気持ちを伝えることが大事です。
役に立ちたい、売り上げをアップしたいという熱い思いを伝えましょう。

 

アルバイトでの経験やスキルを積極的にアピールする

正社員の経験がないため、アピールすることが無いと悩まないでください。
アルバイトで得た経験やスキルでもいいんです。
接客業をしていたならコミュニケーション能力が磨かれていますよね。
アルバイトで書類作成などをしていたならパソコンに自信がありますよね。
自分のスキルをしっかり見つめ直せば、正社員になっても使えるスキルが必ず見つかるはずです。
そこをしっかりアピールしましょう。
自分が思っている以上に効果的なことが多いのです。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職の求人の見つけ方と注意

転職の求人を見つける方法はいろいろあります。
それぞれ特徴と注意点を知っておきましょう。

 

求人サイト

いろんな職種や業種の求人が探せます。
情報はかなりタイムリーで新しい求人も確認できます。
自分の探している職種、待遇などある程度条件で検索できます。
パソコンはもちろんスマホでも求人が探せるので、在職中の求人の検索には便利です。
情報があまりに多くて、どれを選んで良いか迷ってしまうことがあります。

 

転職エージェント

企業からのコアな条件で提示された求人が集まります。
特にピンポイントの条件で求められる人材に合っているようです。
他では見れない、非公開求人も多く、とにかく登録しておくことをお勧めします。
ただし、転職エージェントは採用させないと報酬をもらえないので、無理強いしてくることもあり注意が必要です。
基本的には、客観的な評価と企業が求める条件のマッチングで求人を紹介してくれるので、冒険はできません。

 

ハローワーク

求人を出すのに費用はかからないのですが、その分反応が遅くです。求人自体が古い場合があります。
求人数も多いのですが、求人している会社の情報などは不足しています。
自分で面接にいって確認するしかないようです。

 

新聞

大手企業の求人が多いのが特徴です。
人気の求人には応募が殺到してしまうことがあります。
外資系の求人も多いのが特徴です。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職活動は転職前がいいか転職後がいいか?

転職活動は退職前と退職後、どちらが良いのでしょうか?

 

退職前のメリット

まず金銭的に困る可能性が無くなります。
現職を退職する前に次の転職先を決めておけば、お給料がもらえない期間を極力なくすことが出来ます。
決まるまで退職時期を決める必要がないので心に余裕もできますね。
じっくり時間をかけて、採用される企業に妥協しないことも大事なポイントです。
転職にチャレンジしてみて、やはり今の会社が良いということならそのまま留まることもできます。

 

転職前のデメリット

就業しながらの転職活動は、時間が取れないこともしばしば悩みとして上げられます。
実際働きながら転職活動を行うことは体力的に負担がかかりやすいようです。
また、金銭的に困っていない場合、本気で転職活動を行わないという人も多いのです。
ずるずると転職活動をやっているつもりで、なにも進まないことがあるのです。
また、企業が求める入社時期にあわせにくいのも現職をもちながら転職活動を行うことのデメリットでもあります。

 

退職後のメリット

仕事を持っていないため、転職活動に専念できるのが大きなメリットです。
面接などの日程も先方に合わせやすいのも強みですね。
多くの企業で面接が受けられます。
また、空いた時間を利用して資格取得など充実した期間となることもあります。

 

退職後のデメリット

収入が無いので生活に困ることがあります。
いかに貯金があってもいつ採用されるか分からない不安定な状態は結構つらいものです。
最初は前向きに転職活動が行えますが、活動期間が長くなると精神的に負担がかかります。
長期間の転職活動は、金銭的・精神的に負担が大きくなりやすいのです。
実際、長期間未就労だと書類選考の時点で不利になることもあります。
これは避けたいところですね。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職の履歴書で会いたいと思わせるポイントとは?

転職では、面接の前に履歴書や職務経歴書などの書類選考を行うのが一般的です。
ここをクリアしないと面接に呼ばれることはありません。
会いたいと思わせる履歴書のポイントを紹介します。

 

ブランク期間は長くないか

転職活動期間が長い人はそれだけで避けられてしまいます。
ブランク期間が長くならないようにすることも大事ですが、在職中に転職活動を行うことをお勧めします。
ブランク期間もなくなります。
焦って、採用されることを急ぐあまり後悔してしまう転職をしてしまうことになりかねません。

 

志望動機はその会社に向けたものか

履歴書の内容を、どこの企業でも通用するような曖昧な言葉で埋めている人がいます。
その会社に入りたいという熱意が感じられないと、面接で会いたいとは思われません。
一社一社心を込めて履歴書を書きましょう。

 

職歴が転職先に役だっているか

的外れの転職先選びをする人がいます。
スキルを求める企業、経験を評価する企業。
どこに興味を持つか予め自分でシュミレーションしましょう。
その上で、自分の職歴がその企業が求めるものかどうかを評価しましょう。
ちゃんと通用するかどうかしっかり検証しましょう。

 

丁寧に書く

どんなに素晴らし職歴や経験。スキルを持っていても、履歴書を丁寧に書かない人は敬遠されます。
誤字脱字だらけだと、仕事に対する評価もその程度だと思われてしまいます。
時間をかけて、しっかり丁寧に書くことを心がけましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職の職務経歴書で会いたいと思わせるポイント

職務経歴書は履歴書とともに、面接を行うかなどの一次選考や、面接での質問や確認内容の資料として使われます。
まずは面接を獲得する為にも、大事な書類と認識しましょう。
また、面接担当者に会いたいと思わせる内容をしっかり盛り込むことも大事です。

 

履歴書と年代を合わせておく

同時に提出する履歴書の経歴欄の年代と職務経歴書の年代はチェックして間違いの無いように注意しましょう。
イージーミスが面接担当者の印象を悪くする場合があります。

 

退職理由は妥当か?

退職する企業での、退職理由は出来れば企業批判を含まないように、前向きな転職を求めるという感じでまとめましょう。
人間関係で辞める場合もネガティブな印象を与えてしまうようでは控えたほうが良さそうです。

 

ブランク期間の妥当性

転職活動の為のブランク期間に注意しましょう。
不用意に就業していない期間を書かないこと。
必ず相手を納得させるだけの説明を書き加えておきましょう。

 

スキルは補っているか

自身で不足しているスキルをしっかり認識していれば、そのスキル不足を解消するために何らかの行動は起していることが大事です。
セミナーに行ったり、講習を受けたり、前向きな行動と合わせて説明しましょう。

 

その企業に入りたいという熱意を伝える

たとえ書類選考のための職務経歴書であっても、しっかりと熱意を伝えるための文章を書きましょう。
事実だけを伝える為だけのツールと捉えていてはいけません。
面接担当者に対するラブレターの様な物だと考えましょう。

 

自分の能力や実績は事実であるか

実務能力や実績は、ある意味作文でもかけます。
でも、実際にその能力があったり実績を評価されている人が書くと、なぜか事実として読めたりします。
説得力があるのです。
逆に、嘘を書いても面接担当者には分かってしまうようです。

 

転職先が求める経験やスキルを持っているか

転職活動する場合、入りたい企業の企業研究はしっかりやっておきましょう。
その中で、求人広告からどんな人材を求めているか自分なりに分析しておくことが大事です。
その求める人材像に自分が合致しているかどうかを見極めておきましょう。
強みを強みとしてアピール出来るように。
的外れなアピールでは効果がありません。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

未経験の転職の成功するポイント

未経験の分野で転職にチャレンジする場合、成功するポイントをご紹介します。

 

未経験(中途採用ともいう)の方でも大丈夫と求人広告に書いてあるものは良く目にします。
でも、それが全くなにも経験やスキルを持っていないひとでも大丈夫ということではありません。
よく注意してみなければならないのは、その業種や仕事内容は知らなくても大丈夫だという意味になるのがほとんどです。

 

仕事は知らなくても教える

でも、最低限のマナーや社会経験が身についていないと採用されないことがあります。
極端にいえば、礼儀があって人当たりが良くてまわりと仲良くできる人。
そんな人を一から育てることができる企業が未経験者でも採用するということです。

 

業務知識より人柄

これはどんな職業にも共通して求められることですが、まずはそれが全てであるという企業が存在します。
過去のノウハウから、いくら経験やスキルがあってもだめだった。
未経験者のほうが、将来会社のためになる人材になってくれる。
未経験者の中でも、こんな人ならしっかりやってくれる。
そういう過去の実績を踏まえて、むしろ何も知らないけどしっかりした人なら採用する。
それが未経験者でもOKな求人なのです。

 

また、その業界では未経験でも、前職や過去の職歴から、十分採用する価値があると認められる人もいます。
自分では、経験やスキルを過小評価しすぎているのですね。
自分の価値は自分では分からないものです。
転職エージェントなどに登録してみると、驚くような異分野への求人を紹介されることがあります。
一度、客観的に自分を評価してもらうことも大事ですね。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

面接担当者に効果的な転職の志望動機の書き方とは?

職務経歴書からは読み取れないあなたの熱意を伝えることができるのが履歴書の志望動機や自己PR欄です。
客観的なあなたを表現するのが職務経歴書、内面を表現するのが志望動機・自己PRなのです。
なので、志望動機・自己PRの欄には自分の熱意が伝わるように気を付けなければなりません。

 

限られたスペースで表現する

履歴書の志望動機や自己PR欄に書ける文字数は限られています。
限られた文字数の中でいかに自分の熱意が表現できるかが重要なのです。
見やすく書くのも大事なので、あまり欲張って小さな字でぎっしり書かないように気を付けましょう。
簡潔に、相手にわかりやすく書くことが大事です。

 

自己PR(アピール)の書き方

仕事に関する内容で書くことをお勧めします。
経験やスキルで職務経歴書で表現出来なかったことをここでまとめても良いのです。
気になった内容であれば、職務経歴書もしっかり確認してくれることでしょう。
学生時代のアルバイト経験も、業務内容に関連があれば利用もかのですが、20歳代以上の人にはお勧めしません。
あくまで実務経験が少ないときの対策として利用します。
大事なのは、転職先の企業が求めている人材がどんな人材なのかしっかりリサーチを行い、その求める人材像を思い描きながら自分をその人材となるようアピールすることが大事です。
そのため、求人情報や企業リサーチからどんな人材を求めているかしっかり調べておくことが大事です。

 

志望動機の書き方

なぜその企業を選んだか、なぜ他の企業でなくてその企業なのか?
明確に自分の言葉で表現しましょう。
どこかでコピーしてきた言葉は絶対に使わないようにしましょう。
入社して何をやりたいか、どんな成果を上げたいかなど、前向きな姿勢を表現することも大事です。
他の人には無い、あなただけの理由をしっかり考えておきましょう。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

転職の志望動機は自分の欲を書く

転職時の志望動機で、一体何を書けばいいのか分からない。
実際、相手もあることなのでどんな志望動機が効果的なのでしょうか?

 

志望動機は意外性?

よく、どこでも目にする志望動機の例というものがあります。
曰く、貴社の業務に興味を持った。
   有名な会社だから。
   給料が良さそうだから。

 

これを少し面接担当者に訴えかける言葉を使って表現するというのが一般的ですね。
でも一般的ということは、どこでも誰でも使っているレベルより上にはいけないということです。
どこかで見たことがある志望動機。
使いまわしの志望動機。
新鮮味の無い志望動機。
履歴書を見慣れている人からすると退屈ですよね。

 

資格を持っていて、その資格が転職の業務に直接結びつくような人ならこれでも許されるのです。
資格と経験で採用が決定することも多いのですから。
でも、未経験の業界や知識やスキルが未熟な場合、なぜその会社を選んだかはとても注目されるポイントです。

 

包み隠さず正直に言うことも大事

では、インパクトがある志望動機はどのようなものでしょうか?
欲をそのまま表現することです。
貴社は年収も高いので、自分が必ず手に入れようと思っているタワーマンションに自宅を構えることができるほどの給与がもらえると思った。
どうしてもフェラーリを買いたいので、貴社で頑張れば手に届くと思った。
海外に別荘を持つ計画があり、どうしても貴社で結果を出して夢を現実にしたい。

 

一見自分勝手な志望動機で、ちょっと使うには勇気が要りますね。
でも、こんな志望動機を喜んで受け入れてくれる会社もあります。
とにかく夢を現実にするために、その会社で頑張りという熱意を表現するのです。

 

意外とこんなことをストレートに言う人は居ないので、間違いなく面接に呼ばれてどんな人か会ってみたいと思わせることが出来るでしょう。
あとは、面接で自分の熱意を伝えるだけです。
今の時代、こんな人に入社して欲しいと思っている面接担当者は多いはずです。
ぜひお試しください。

続きを読む≫ 2017/03/31 15:21:31

▼転職にはパートナーが必要です


ホーム RSS購読 サイトマップ